文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[仮面女子 猪狩ともかさん](下)「娘は働けません」と伝えた父に、事務所は「やれることはたくさんあります」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

野球は西武 パラ応援大使にも就任

id=20200205-027-OYTEI50008,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

――地元の西武ファンだそうですね。

 母がファンで、幼少時から球場に連れていってもらっていました。始球式を事故の前に1回、事故後にも2回、やらせてもらいました。

――もう選手とは顔なじみ?

 覚えてくれていたら、うれしいですね。

――パラスポーツ・バリアフリー応援大使にも就任しています。どんな活動を?

 パラスポーツの応援や宣伝をしたり、バリアフリーについて話し合う会議に参加したりしています。けがをしなかったら、こういう機会はなかったと思うので、自分の新しい道だなと思っています。

――実際にパラスポーツも体験してみたそうですね。

 いろいろ、やってみました。卓球、水泳、テニス、バスケ、ボッチャ、射撃、フェンシング……。水泳は12年間やっていたので、結構、泳げました。リハビリとしてもやりたいですね。

――休日は何をしていますか。

 野球シーズンは野球を見ますね。あとは、友人と御朱印めぐりに行ったり、映画を見に行ったりしています。

5月に初の著書発売 9月には仮面女子ワンマンライブ

――これから、どのように活動していきたいですか

 元仮面女子で、渋谷区議会議員になった橋本侑樹さんが、車いすでも活動を続ける私の姿に勇気をもらって、政治家になる決意をしたという話をよくしてくれるんです。私も、ひとりで活動していても、仮面女子のプラスになることをしていきたいです。

 今年5月に「100%の前向き思考 生きていたら何だってできる!  一歩ずつ前に進むための40の言葉 」という本を出します。事故の後、自分が前を向いていくための言葉をまとめました。ぜひ読んでください。

 仮面女子としては、9月19日に「zepp haneda(ゼップ羽田)」でワンマンライブがあります。こちらもよろしくお願いします。

いがり・ともか
 1991年、埼玉県生まれ。管理栄養士の専門学校卒。2014年5月、秋葉原を拠点とする地下アイドルグループ「仮面女子」の研究生として芸能活動開始。17年2月から仮面女子の正式メンバー。18年1月から19年9月まで仮面女子のユニット「スチームガールズ」のリーダーを務めた。18年4月、強風で倒れた看板の下敷きになり、腰を骨折、脊髄損傷で歩けなくなったが、4か月後に車いすでステージに復帰した。5月に初の著書「100%の前向き思考 生きていたら何だってできる!  一歩ずつ前に進むための40の言葉 」(東洋経済新報社 1400円税別)が発売される。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事