文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[仮面女子 猪狩ともかさん](上)車いすでも史上最強 「待っていてくれる人がいたから」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人気地下アイドルグループ「仮面女子」のメンバーで、2年前に事故で下半身不随になり、車いすで活動を続ける猪狩ともかさん。障害を抱えながらも笑顔を絶やさず、前向きな姿勢は、逆に多くの人を励ましています。アイドル活動を続けられた理由や、車いす生活になって感じていることなどを聞きました。(聞き手・藤田勝、撮影・中山博敬)

遅咲きのアイドル これからという時に……

[仮面女子 猪狩ともかさん](上)車いすでも史上最強 「待っていてくれる人がいたから」

――仮面女子は、どうして「史上最強の地下アイドル」と呼ばれるんですか。

 仮面をかぶったり、武器を持ったり、ほかのアイドルがやっていないようなパフォーマンスをしています。ホッケーの仮面は、個性を消して団体として見せる道具です。

――メンバーになって、仮面女子の魅力はどんなところだと感じていますか。

 メジャーなアイドルさんだと、ライブが終わればお客さんは帰るだけですが、地下アイドルは握手をしたり、一緒に写真を撮ったりできます。その距離の近さが、みなさんが来てくれる理由だと思います。演じる側にとっても、その日の感謝を直接言えたり、お話ししたりできることは魅力的なことです。

――子どものころからアイドル志望でしたか。

 モーニング娘。にあこがれていましたが、行動に移したのは遅かったですね。管理栄養士の専門学校に4年間通い、就職活動中に迷って、結局、アイドルの道を選びました。事務所に入ったのは2014年春でしたが、最初は研究生で、正規のメンバーになったのは17年です。本当に人それぞれで、ポンポンとすぐに上がれる子もいれば、私のように下積みが長い人もいます。

――メンバーの中では年長の方ですね。

 年齢は、メンバー24人(7日現在)中、上から2番目ぐらいですね。仮面女子の中でもユニットが分かれていて、私はスチームガールズ。以前はリーダーをやっていましたが、けがをした後、交代しました。

数か月で治ると思っていた

――18年4月、活動拠点の秋葉原に向かって歩いていたとき、歩道脇の看板が強風で倒れて下敷きになりました。看板が倒れてくるのは見えましたか。

 視界の隅に何となく、降ってくるのが見えましたね。でも、一瞬だったので、気づいたら下敷きになっていました。その時は、痛いというより、苦しいっていう感じでした。

――意識はずっとあったそうですね。

 私の中では、大きな事故では、その瞬間に意識が飛んで、気づいたら病院というドラマのようなイメージがありました。だから、いつ意識がなくなるんだろう、苦しいから早く意識がなくなってほしいと思っていましたが、ずっと意識がありましたね。

――脊髄損傷で両下肢 ()() ということですが、直後はそこまで重傷とは思わなかったそうですね。

 数か月したら治ると思っていました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事