文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

ユマニチュード(4)母の介護で共感 PR役に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ユマニチュード(4)母の介護で共感 PR役に

ユマニチュードについて語る作家の阿川佐和子さん

 「今の日本のコミュニケーションの問題と完璧につながる話」。フランス発祥のケアの技法「ユマニチュード」と4年前に出会った作家の阿川佐和子さん(66)は、その理念に強くひかれた。2019年7月に発足した学会の理事として、“宣伝大使”を務める。

 16年、介護をテーマにした小説のための取材で、ユマニチュードの考案者であるイブ・ジネストさん(66)と、日本での普及を進める内科医・本田美和子さん(54)と知り合い、週刊誌上で座談会を開いた。

 そして、「見る」「話す」「触れる」の基本動作を大切にし、相手を人間として尊重していることを伝えることに強い魅力を感じた。20年以上続けてきたインタビューの仕事と重なる部分が大きかったからだ。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事