文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

新型肺炎重症患者、エイズ治療薬で「症状改善」…タイ保健省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【バンコク=大重真弓】タイ英字紙バンコク・ポスト(電子版)などによると、タイ保健省は2日、新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者が、エイズ治療薬によって症状が改善したと発表した。

 患者はタイで治療を受けていた70歳代の中国人女性で、医師がエイズ治療薬「リトナビル」、「ロピナビル」と、インフルエンザ治療薬「オセルタミビル」(商品名タミフル)を投与すると、48時間後にウイルスの消滅が確認されたという。保健省は「全患者に有効とは限らないが重症の場合は選択肢となり得る」としている。中国もエイズ治療薬の活用を検討しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事