文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

元バレーボール日本代表 大山加奈さん

一病息災

[元バレーボール日本代表 大山加奈さん]椎間板ヘルニア(1)アテネ五輪 活躍の陰で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[元バレーボール日本代表 大山加奈さん]椎間板ヘルニア(1)アテネ五輪 活躍の陰で

 2004年8月24日、アテネオリンピックの女子バレーボール準々決勝。日本は中国にストレートで敗れ、5位に終わった。

 敗戦の中、両チームで最多の14本のスパイクを決めてみせた。当時20歳。187センチの長身から繰り出す豪快なスパイクを武器に、同学年の栗原恵さんとの「メグ・カナ」コンビの愛称で人気を集めた。当然、4年後の北京オリンピックに向け、周囲の期待も高まった。

 だが残念ながら、この日を最後に、オリンピックの舞台に戻ることは、二度となかった。大活躍の陰で、この時すでに、慢性的な激しい腰の痛みと闘っていたのだ。

 高校卒業後、Vリーグの東レ・アローズに入ってすぐ、腰椎椎間板ヘルニアと診断された。腰の痛みに加え、脚のしびれもひどかった。

 ジャンプして体をひねりながら、ボールを打ち、着地するスパイクの動作は、思う以上に体への負担が大きい。常にきれいなトスが上がるわけではなく、無理な体勢で打つこともある。着地の衝撃は、痛めていた腰に激しく響いた。

 プレー中は常に腰にサポーターを着けていた。アテネでも練習や試合後は、トレーナーによる入念なマッサージやはり治療が欠かせないでいた。

 小中高すべてで日本一となり、バレーボール界のトップを歩んできた。

 「実は、小学生の終わり頃から、腰の痛みを感じていました」

(おお)(やま)()() さん(35)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

元バレーボール日本代表 大山加奈さん

最新記事