文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフルエンザ患者、前週から増加…高知が最多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は31日、全国約5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、26日までの1週間に1施設あたり18.00人になったと発表した。前週(13~19日)は16.73人。報告対象外の医療機関も含めた全国の推計患者数は、20~26日の1週間で約65万4000人だった。

 都道府県別では、高知が33.83人で最も多かった。次いで宮崎が30.56人。ともに、インフルエンザ流行の警報を出す基準(30人)を超えた。 そのほかは、長崎28.59人、佐賀27.51人、大分26.59人など。検出されているウイルスは、2009年に新型として流行したH1N1型が90%、B型が9%、A香港型が1%となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事