文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

豆腐入り卵焼き…卵とマヨネーズでエネルギーアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 豆腐のレシピといえば、どんなものを思い浮かべますか? 今回は、豆腐が入った卵焼きのご紹介です。

 高齢の方に好まれる傾向にある豆腐ですが、低エネルギー食材のため、エネルギーアップに頭を悩ませる介護者の方も多いのではないでしょうか。私の訪問する施設でも「豆腐はなかなかメイン料理にはなりにくく、みそ汁の具に使うことが多い」という話を聞いたこともあります。

 このレシピでは、卵とマヨネーズを加えることでエネルギーとたんぱく質がアップし、さらに焼き上げたときのふんわり感も増します。もっとボリューム感を出したいときには、ツナ缶や2度びきしたひき肉などを加えることもおすすめです。実際にこのレシピを提供した施設では、「見た目には豆腐が入っているとわからないため、豆腐をあまり好まない方にも食べていただけた」ということがありました。

 焼き目が食べにくいようなら、蒸し焼きにしたり、上から薄味のあんなどをかけて提供しましょう。

[作り方]

(1) 豆腐はキッチンペーパーなどに包み、10分程度水切りする。ポリ袋に入れて滑らかになるように手で潰す。

(2) ニンジンは2mm程度の千切りにして、軟らかく下ゆでする。戻したワカメはみじん切りにする。

(3) (A)の材料を鍋に入れて混ぜ合わせ、(1)、(2)を加えて弱火で5分程煮て、味を含ませる。ボウルなどに入れ、粗熱をとる。

(4) 卵を割りほぐし、(3)と混ぜ合わせる。

(5) 熱したフライパンに油をなじませ、(4)を流し入れ、箸で大きく混ぜながら、半熟になったら片方に寄せる。鍋のふたなどに取り、返して裏面も焼く。

(6) (5)を食べやすい大きさに切り分けて盛りつける。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事