文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

中国本土の感染者8121人…SARSの世界感染数超える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【北京=中川孝之】中国共産党機関紙・人民日報(電子版)の30日午後11時(日本時間31日午前0時)時点の集計によると、新型コロナウイルスによる肺炎の中国本土の感染者は8121人に増え、重症急性呼吸器症候群(SARS)の全世界の感染者数を超えた。死者は170人となった。

 世界保健機関(WHO)の2003年末時点のまとめによると、SARSの感染者は8096人だった。

 中国本土での感染者は、武漢市のある湖北省に集中している。省トップの 蒋超良ジアンチャオリァン 共産党委員会書記は30日夜に記者会見し、この日午前0時から12時間だけで、省内で新たに317人の感染が確認されたことを明らかにした。

 中国本土以外の感染者は、21か国・地域118人になった。世界的な感染拡大を受け、WHOは30日午後(日本時間30日夜)、ジュネーブで専門家による緊急委員会を22、23日に続き開催した。感染拡大が「国際的な公衆衛生上の緊急事態」に相当するかどうかを協議する。緊急委の助言を受け、テドロス事務局長が判断する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事