文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「納豆よく食べる人」循環器疾患の死亡リスク、2割低い…みそ・豆腐は差なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日常的に納豆をよく食べる人は、食べない人より、心筋 梗塞こうそく などの循環器疾患による死亡リスクが2割低いとする研究結果を、国立がん研究センター(東京)などの研究チームが30日、発表した。

 研究チームは1995年と98年、過去に循環器疾患になったことのない10都府県の45~74歳の男女約9万人に、食事に関するアンケートをした。このうち納豆やみそ、豆腐について、それぞれ食べる頻度と1回当たりの量を聞いた。それから約15年間の死亡リスクを追跡して調べた。

 1日あたりの食べる量が多い人から少ない人まで5グループに分けて比べたところ、納豆を毎日26グラム(半パック程度)以上食べるグループは、全く食べないグループより、循環器疾患で死亡するリスクが男女とも約2割低かった。みそや豆腐では差がなかった。

 同センター分析疫学研究室の沢田典絵室長は「納豆などの発酵食品は栄養素が製造過程で失われにくく、動脈硬化の予防につながっている。みそは塩分が影響し、豆腐は加工で栄養が少なくなっているのではないか」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事