文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

心斎橋・ベイエリア訪問…感染の女性ガイド、武漢のツアー客と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 中国・武漢市を中心とした新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、29日夜に感染が確認された大阪市内の女性ガイド(40歳代)が、武漢からのツアー客とともに、15、16日に大阪のベイエリアや大阪城周辺を訪れていたことがわかった。大阪府の吉村洋文知事が30日午前、府庁で記者団に明らかにした。

 女性は28日に感染が確認された奈良県の男性バス運転手(60歳代)のバスに12~17日までツアーガイドとして同乗。ベイエリアや心斎橋、大阪城周辺を回った。吉村知事はベイエリアの具体的な場所について、「差し控える」と述べた。ツアーは17日午前に終え、女性は客と関西空港に行った。

 同日夕以降には中国・河南省の別のツアー客とも大阪城周辺などを訪れた。その後、東京方面に向かったが、今月20日に発熱した。同日と21日に東京都内の別の医療機関で受診したが、経過観察となった。

 22日に体調不良によりガイドを交代し、新幹線と地下鉄で大阪市内に移動した。医療機関を受診したが、ここでも経過観察となった。別の大阪市内の医療機関を受診して入院し、29日夜に感染が確認された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事