文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

気象予報士ママの「健康注意報」 新見千雅

医療・健康・介護のコラム

小児も大人もつらい「ぜんそく」…長期的に薬でコントロールするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 寒冷なシベリア高気圧が発達する晩秋から冬にかけては、西高東低の冬型の気圧配置となる日が増えてきます。この時期は、北西の季節風によってシベリアの寒気が運ばれてくるため、本格的な寒さを感じます。

 気温差や冷たい乾燥した空気は、気道を刺激しやすく、風邪をひきやすいというだけではなく、ぜんそくの症状が出現しやすい気候としても知られています。

 また、風邪をひいたことから、ぜんそくに移行してしまうケースもあります。ぜんそくの診断をもともと受けている人は、気候の影響による症状の悪化に、より一層の注意が必要ですね。

30年前から大きく変わった治療…気管支の炎症を早期に抑える

 ぜんそくとは、気管支が狭くなり、突然呼吸が苦しくなる疾患です。発作が起こると「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という呼吸音が聴診器なしでも聞こえます。この笛のような音は 喘鳴(ぜんめい) と言います。

 ぜんそくの治療は30年程前とは大きく変化しているので、いま子どもを育てている親世代の治療のイメージと、現在の治療とでは全く違ったものであるかもしれませんね。

 当時は、気管支の周りにある「 平滑筋(へいかつきん) 」が収縮して気道が狭くなり、発作がおさまると元の正常な気管支に戻ると考えられていました。

 しかし、近年では、気管支が収縮するのは炎症から引き起こされるものであり、発作がなく自覚症状のない時でも慢性の炎症が起きていて、長期の管理が必要な疾患という認識に変化しています。

 また、気管支の炎症がある程度持続すると、粘膜が厚くなって元に戻らなくなるという「リモデリング」という変化があることがわかってきています。そのため、発作が起きた時だけでなく、早期に炎症を抑える治療を継続的に行うことが、とても大切です。

近年では、慢性の炎症を最も効率的に抑える薬剤として「吸入ステロイド薬」が導入されており、大幅に死亡率が減少しています。

 年間の死亡者は、1980年には6000人を超えていましたが、近年では成人は2000人を下回っており、小児は10人以下となっています。

 その一方で、ぜんそくと診断される人は増加傾向にあり、日本国内の小児ぜんそくの有病率は約5%と言われています。

吸入ステロイド薬…自己判断で中断しない

小児も大人もつらい「ぜんそく」…長期的に薬でコントロールするには

提供・日本気象協会

 小児ぜんそくは15歳までに発症するもので、その中でも5歳未満は乳幼児ぜんそくといいます。

 成人のぜんそくは、成人してから新たに発症するものと、小児ぜんそくが治りきらずに再発するものがあります。

 どちらのぜんそくも、原因は気道の炎症ですが、小児ぜんそくはアレルギー性のものが多く、成人ぜんそくは小児に比べると非アレルギー性のものが多いという違いがあります。

 小児、成人どちらのぜんそくも、長期的に薬でコントロールすることが必要です。長期間管理するための薬は、主に吸入ステロイド薬を使います。気管支の収縮をおさえる「ロイコトリエン受容体 拮抗(きっこう) 薬」や、6歳以上なら症状によってはアレルギーを起こす物質IgEをおさえる生物学的製剤が選択されるなど、治療の幅が広がっています。

 ステロイド薬には不安を持つ方が多いかもしれませんが、気道だけに作用するため、全身的な副作用が少ないと考えられています。

 しかし、薬で長期間コントロールしていると、全く症状がないというわけではなく、一定の期間で症状を繰り返す方も少なくないようです。

 長期間の薬の使用に抵抗がある人も多いと思いますが、自己判断で中断することがないように、薬の量を減らすタイミングなどについて、主治医の先生に相談するのもいいかもしれません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yohoushi-mama_img

気象予報士ママの「健康注意報」

新見 千雅(にいみ ちか)
日本気象協会 気象予報士

 呼吸器、透析分野で看護師として勤務した後、気象会社で原稿の作成やラジオ番組を担当。現在は、日本気象協会と株式会社JMDCが進めている、気象データとレセプト(医療報酬の明細書)データを使って、様々な疾患の発症・重症化リスクに関する情報を提供するサービス「Health Weather(R)(ヘルスウェザー)」プロジェクトに参加している。
 2児の母として、妊娠・出産・育児にまつわる天気のコラムを執筆中。


鈴木 孝太(すずき こうた)
愛知医科大学医学部 衛生学講座 教授

 1974年、東京都生まれ。2000年、山梨医科大学医学部卒。2005年、山梨医科大学大学院医学研究科修了(博士(医学))。2011年 、University of Sydney Master of Public Health (MPH) Coursework修了。山梨大学医学部助手、助教、特任准教授、准教授を経て、2016年から現職。専門分野は周産期から小児期にかけての疫学、産業保健、ヘルスプロモーション。
 最近は、「Health Weather(R)」と共同で、気象と健康に関する研究を実施している。

気象予報士ママの「健康注意報」 新見千雅の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事