文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

せき・熱は自己申告求め、機械でも発熱検査…中国からの乗客に「水際対策」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
せき・熱は自己申告求め、機械でも発熱検査…中国からの乗客に「水際対策」

成田空港の検疫のゲートに列を作る旅行者たち(28日午前、千葉県成田市で)=守谷遼平撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法上の「指定感染症」と検疫法上の「検疫感染症」に指定する政令が決定されたことを受け、加藤厚生労働相は28日、閣議後記者会見で、「水際対策をしっかりやっていく」と述べた。

 厚生労働省は現在、中国から到着するすべての航空便の乗客に対し、せきや熱などの症状がある場合には自己申告を求め、到着後は体温を感知するサーモグラフィー検査などで発熱がないかを確認している。

 今後、検疫法上の「検疫感染症」とする政令が施行されれば、空港や港で感染が疑われる場合、診察や検査を受けるよう指示できるようになる。

 千葉・成田空港内の検疫所では28日午前、マスク姿の入国者らに対し、検疫官が具合の悪そうな人がいないかチェックしたり、サーモグラフィーの画像を確認したりしていた。

 タイから帰国した東京都杉並区、会社員(29)はマスク姿で「検疫のチェックが強化されることは良いことだと思う」と話していた。

 空港では今月上旬以降、日本語、中国語、英語で書かれたポスターを貼るなどして、肺炎の注意喚起を呼びかけている。検疫所の担当者は「確実にウイルスの侵入を食い止めていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事