文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

アラサー目前! 自閉症の息子と父の備忘録 梅崎正直

医療・健康・介護のコラム

「個性ではない。障害です」医師の厳しい言葉に…僕が初めて「自閉症」と向き合った日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

泣く妻 跳びはねる息子

「個性ではない。障害です」医師の厳しい言葉に…僕が初めて「自閉症」と向き合った日

そのころの洋介(左)

 千葉の郡部に引っ越すことが決まっていた僕らに、

 「(大都市の)ここなら様々な支援が受けられますが、引っ越した先には何もありませんよ。覚悟してください」

 という言葉が追い打ちをかけた。

 まだ泣いている妻と、傍らで上機嫌にぴょんぴょん跳びはねている長男を連れて、区役所からのバスを待った。バスはなかなか来なかった。真っ青に晴れ上がった空に風景がこびりついて、まるで油絵だと思った。

 ようやく来たバスで駅に行き、そこで別れた。僕はその足で職場へと向かったのだ。いつもより遅い時間の都心へ向かう列車はすいていて、僕はぼんやりと座っていた。特段、悲しいとも、つらいとも思わなかった。ただ、それまではかわいいだけだった息子とのいろんな思い出や、他人の言葉や、漠然とした考えが、意識を出たり入ったりした。

無意識のうちに涙が…

 40分ほどたって、職場に最寄りの水天宮前駅が近づいた。当時は、そこが地下鉄の終点だった。心の中は空白に近かった。だけど、気がつけば、両目からは涙がボロボロと流れ出ていた。他の乗客が ()(げん) な顔でこちらを見ている。人はおかしいから笑うのでなければ、悲しいから泣くのでもない。ただ、あふれ出るのだと知った。

 医師の厳しい言葉は、現実を見ない若い両親の目を覚まさせるためだったのだろうか。 思えば、僕と息子の歴史は、この日、始まったのだ。(梅崎正直 ヨミドクター編集長)

 この連載では、もうすぐアラサーに突入する自閉症の長男を巡る、けっこう大変だけどフツーの日々をつづっていく。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

umezaki_masanao_prof

梅崎正直(うめざき・まさなお)

ヨミドクター編集長
 1966年、北九州市生まれ。90年入社。その年、信州大学病院で始まった生体肝移植手術の取材を担当。95年、週刊読売編集部に移り、13年にわたって雑誌編集に携わった。社会保障部、生活教育部(大阪本社)などを経て、2017年からヨミドクター。

アラサー目前! 自閉症の息子と父の備忘録 梅崎正直の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

自閉症は治りませんよ

ダメ親父

長女と長男の違いに気付いたのは長男の誕生日間近 長女は普通に言葉を発していた時期だが長男は全く言葉が出ない  男の子は言葉が遅いという周りの意見...

長女と長男の違いに気付いたのは長男の誕生日間近 長女は普通に言葉を発していた時期だが長男は全く言葉が出ない 
男の子は言葉が遅いという周りの意見もありあまり気にもしていなかった 確かに仰向けでズリズリして移動していたが 普通にハイハイもして捕まり立ちもしていた しかし今でもはっきりと記憶しているのは親にも関わらず体に触れられるのを極端に嫌う事 新米親父はそれもありだと思っていた そんな時
二女の妊娠がわかり妻が入院 長男を保育園に預ける事に そこで保母さんより普通の子とは様子が違うから医者に診てもらうように助言され精密検査を受ける事に そこで医師に告げられた言葉は「この子は大きくなっても3才児程度の知能しか持たない」夫婦共に泣きくれて 泣いても泣いても涙が溢れてい時近くの療育センターを紹介され長男を診てもらうと「いい方向に向かいますよ」といわれ意味も分からず安心 しかしこの頃になると服を嫌い常に裸 水道が大好き 家のいたる場所の高い所によじ登る ミニカーで一日中遊ぶ 明らかに異常な行動 療育専門の保育園に連れて行くとそこの園長に「自閉症は治りませんよ」という決定的な言葉が それ以来夫婦二人して必死に育児に取り組んだ 言葉には表せないような日々を過ごして来たが
その長男も30過ぎ 今になっては互いに笑って振り返えられるようになった これから先
不安は多々あるが何とか乗り越えていきたい
今になって本当にそう思う

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事