文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

GMO、従業員9割を在宅勤務に…新型肺炎対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、インターネットサービス大手GMOインターネット(東京)は27日から、国内の従業員の9割にあたる約4000人を対象に在宅勤務を始めた。

 春節(旧正月)の休暇で中国からの観光客が多く予想される東京、大阪、福岡の拠点で勤務する従業員が対象だ。期間は2週間をめどとし、中国に駐在する従業員も帰国させる。東京・渋谷のGMOインターネット本社では27日午前、出社は来客対応が必要な部門など数十人にとどまっているという。同日には取締役会も予定していたが、ネット会議で実施することを決めた。

 同社は、全従業員による一斉在宅勤務の訓練を毎年定期的に行っており、電話やインターネットを通じて業務ができるような対策を講じているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事