文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「教えて!ドクター」の健康子育て塾

医療・健康・介護のコラム

子どもの便秘 浣腸や下剤を使うとくせになる?…牛乳が原因のことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

牛乳を飲むと症状がひどくなるケースも

 さて、便秘について一通りお話しした上で、良く耳にする便秘に関する質問にお答えします。

 <1> 浣腸や下剤を長期間使っても、くせにならないの?

 浣腸や下剤を長期間使うと、「使わないと便が出ない体になってしまうのでは」という不安を、多くの保護者が持つようです。ただ、これらの処置がくせになるとか、次第に効かなくなるという医学的根拠はありません。むしろ、便が常にたまっていると腸が拡張し、感受性が悪くなって便意が鈍くなり、便秘がさらにひどくなります。浣腸や下剤は、こうした便秘の悪循環を断ち切るために必要で、続けるメリットは大きいと考えています。

 <2> 水分を取るよう心がければ、便秘は改善するの?

 便秘の小児640例に対する研究では、脱水がない場合、水分投与の効果はないと報告されています 4) 。その一方で、食物繊維サプリメントを併用している小児の場合、多めに水分を取るほど便が軟らかくなり、排便しやすくなったという報告もあります 5) 。現時点では、脱水がなければ、便秘症の治療を目的にあえて水分を増やす効果は明らかではありません。ですので、便秘以外は健康で、普段、水分も普通に取れているお子さんに対し、「水分がまだ足りないのでは?」と心配する必要はないと考えます。

 <3> 牛乳が便秘の原因になるの?

 1990年代に「牛乳アレルギーと小児の便秘が関連しているのでは」という報告がなされました 6) 。現在、複数の報告で、「牛乳を制限すると便秘症状が改善し、牛乳を摂取すると便秘症状がひどくなるケースがある」ことが分かっており、ガイドラインでも紹介されています 1) 。牛乳を飲むと便が緩くなると思われがちですが、牛乳が原因の便秘もあるのです。通常の治療で反応しない頑固な便秘の場合、期間限定で牛乳を制限することもあります。ただ、いつまで制限するのかの判断は難しいので、病院で相談しながら進めていくことになります。

 <4> オイルは便秘に有効?

 昔から、便秘の治療にオイルが有効といわれてきました。便を滑らせて排出を助ける効果があるとされ、ミネラルオイル(鉱油)は便秘の治療薬として現在も使われています。ただ、 誤嚥(ごえん) のリスクのある子どもの場合、肺に吸い込むと肺炎の原因になることもあります。より安全で効果的な下剤があるため、そちらを優先して使います。時々、オリーブオイルが有効というネット記事を見ますが、オリーブオイルと便秘について調べた研究はほとんど見当たらないのが現状です。成人のケースでは、2015年のJournal of Renal Nutritionに発表された研究 7) は、透析を受けている成人の便秘に対し、オリーブオイル、 亜麻仁(あまに) 油、ミネラルオイルが同等に有効だったとしていますが、アメリカ小児科学会のHPでは、子どもの便秘の食事指導 8) の中で、オリーブオイルを特には推奨していませんし、前述の小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン 1) でも触れられていません。

 以上のことから、現時点では、効果があるという根拠が乏しいため、小児科医として「効きます」とも言いづらいです。ただ、オリーブオイルは、子どもに使ってダメな食材ではありませんし、栄養バランスに配慮して試していただくのは構わないと思います。

 <5> ヨーグルトは便秘に有効?

 ヨーグルトはプロバイオティクス食品の一種です。プロバイオティクスとは、腸内フローラのバランスを改善し、人の健康に有益に働く生きた微生物のことです。14年のJAMA Pediatricsで発表された研究 9) では、新生児に対するプロバイオティクス投与が便秘の症状を改善させたり、泣く時間を短縮させたりしたと報告しています。一方、17年のJournal of Pediatricsの論文 10) では、5歳未満の便秘の子どもに対して、プロバイオティクスを投与してもしなくても、治療成績に差がなかったとしています。640人の子どもを対象とした研究でも、効果は見られなかったとしています 4) 。つまり、「有効」という意見と「効果がない」という意見があり、前出のガイドラインでも「結論は出ていない」としています。

 私は、患者さんによっては有効なケースもあるのではと考えています。ヨーグルトが子どもの便秘の改善に効くと、明確な医学的根拠を基にお勧めできるわけではありませんが、食べて調子が良いのであれば、続けてもらっても構わないのではないでしょうか。

 <6> 綿棒浣腸やおなかのマッサージはやった方がいいの?

 排便を促すための綿棒浣腸やおなかの「のの字マッサージ」に明確な医学的根拠はなく、有用かどうか結論は出ていません。ただ、日本ではよく行われています。個人的な意見ですが、効果がある例も経験しているので、やっても悪くないと考えています。ただし、それでも出ない場合は、無理しないで病院で相談してくださいね。

 子どもの便秘について、 小児慢性機能性便秘診療ガイドライン作成委員会が作ったパンフレット も参考にしてください。今回は外来でよく質問される便秘について、よく聞かれる内容を中心にまとめました。お役に立てればと思います。(坂本昌彦 小児科医)

参考文献:
  • 1)日本小児栄養消化器肝臓学会,日本小児消化管機能研究会(編):小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン、診断と治療社,東京,2013
  • 2)岡田和子:乳幼児の便秘症の診断と治療はどのように進めればよいですか?小児内科47.684-686,2015
  • 3)Stadtler AC, Gorski PA, et al:Toilet training methods, clinical interventions, and recommendations.American Academy of Pediatrics. Pediatrics 1999;103:1359-1368
  • 4)Tabbers MM, Boluyt N et al.:Non pharmacologic treatments for childhood constipation: systematic review.Pediatrics 2011;128:753-761.
  • 5)Chung BD,Parekh U etal.:Effect of increased fluid intake on stool output in normal healthy volunteers.J Clin Gastroenterol 1999:28:29-32.
  • 6)Iacono G, Carroccio A, et al.:Chronic constipation as a symptom of cow milk allergy. J Pediatr 1995;126:34-39
  • 7)Ramos CI, Andrade de Lima AF, et al. The short-term effects of olive oil and flaxseed oil for the treatment of constipation in hemodialysis patients. J Ren Nutr. 2015;25:50-56.
  • 8) American Academy of Pediatrics. ‘Constipation in Children’. Healthy children.org. (参照2020-1-13)
  • 9)Indrio F, Di Mauro A,et al.:Prophylactic use of a probiotic in the prevention of colic, regurgitation, and functional constipation: a randomized clinical trial. JAMA Pediatr. 2014 Mar;168(3):228-233.
  • 10)Wojtyniak K, Horvath A,et al.:Lactobacillus casei rhamnosus Lcr35 in the Management of Functional Constipation in Children: A Randomized Trial. J Pediatr. 2017 May;184:101-105.e1.

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190204-msakamoto-prof200

坂本昌彦(さかもと・まさひこ)

 佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
 2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。

「教えて!ドクター」の健康子育て塾の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事