文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

新型肺炎、感染2000人超す…中国当局「感染力強まっている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【北京=竹内誠一郎】中国共産党機関紙・人民日報(電子版)の26日午後11時(日本時間27日午前0時)時点の集計によると、中国の新型コロナウイルスによる肺炎の感染者は2076人となり、死者も56人に増加した。中国本土以外で感染者が確認されている13の国・地域でも人数が増えている。

 中国政府は26日、今回の肺炎に関して2回目となる内外メディア向けの記者会見を北京で開いた。国家衛生健康委員会の担当者がウイルスの解明状況を説明し、「最近の臨床データを見ると、感染力が強まっているようだ」との見解を示した。また、「潜伏期間は10日前後で最短1日、最長14日。重症急性呼吸器症候群(SARS)と異なり、その期間でも感染性がある」と明かした。変異については、現時点では「明確な兆候はみられない」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事