文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【みんなでスポーツ】健康づくり(3)高齢者 筋肉維持の運動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【みんなでスポーツ】健康づくり(3)高齢者 筋肉維持の運動

膝をついた状態で腕立て伏せをする山名さん。指導する谷本さんは「無理のない姿勢で続けることが大事」と話す

 「あと1回しかできません!」。和歌山県岩出市の根来団地集会場で、スクワットや腕立て伏せをする高齢者に向かって、独特の言い回しで鼓舞するのは、近畿大准教授の谷本道哉さん(47)だ。

 NHKの深夜番組「みんなで筋肉体操」のトレーニングメニューを考案。自ら出演し指導にあたったことから、その名と顔が広く知られるようになった。

 運動生理学が専門。筋肉量が減り、身体機能が低下するサルコペニアの高齢者に対し、自らのトレーニング法で予防や改善が図れないかと研究を続けている。

 根来地区では2016年9月~17年4月、63~75歳の一般男女14人にスクワットと腕立て伏せをしてもらい、サルコペニア予防の効果を調べる研究を行った。すると、参加者の太ももと腕の筋肉量は、それぞれ平均で9・8%と5・5%増えた。年齢に換算すると、10歳程度若返ったことになるという。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事