文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

伊集院静さんが倒れたくも膜下出血とは?…激しい頭痛 脳動脈瘤の破裂多く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
伊集院静さんが倒れたくも膜下出血とは?…激しい頭痛 脳動脈瘤の破裂多く

 作家の伊集院静さん(69)が21日にくも膜下出血で倒れ、翌日、手術を受けた。「予断を許さない状況」と伝えられている。くも膜下出血とは、どんな病気なのだろうか。

死亡率50% 女性に多い

 脳卒中には、主に脳の血管が詰まる脳 梗塞(こうそく) 、脳の細い血管が破れて脳内に出血する脳出血、くも膜という脳の表面を覆う膜の内側に出血が広がるくも膜下出血がある。

 厚生労働省の人口動態統計(2018年)によると、脳卒中による死亡数は10万8186人。うち脳梗塞が6万365人を占め、脳出血が3万3047人、くも膜下出血が1万1996人と続く。くも膜下出血は、男性(4385人)に比べ女性(7611人)の方に多い。

 国立循環器病研究センターの資料によると、くも膜下出血の原因の8割以上は、脳の動脈にできた (こぶ) (脳動脈 (りゅう) )の破裂によるものだ。動脈瘤の壁は通常の血管に比べて弱く破れやすいため、普段は無症状であっても、ある日突然、破裂し、くも膜下出血を生じる可能性がある。死亡率は50%と高く、命を取り留めても様々な後遺症が残ることがある。

 くも膜下出血は、激しい頭痛を伴うのが特徴。再出血を防ぐ治療として、開頭によるクリッピング手術や、血管の中に細い管(カテーテル)を通して瘤にコイルを詰めるコイル塞栓術が行われる。

 脳ドックなどの画像検査によって見つかった脳動脈瘤に対し、破裂を未然に防ぐための治療も行われているが、治療にはリスクも伴う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事