文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

武漢で肺炎、日本人60代男性入院…新型肺炎は香港やシンガポールでも感染確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【北京=田川理恵】中国政府は23日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を阻止するため、感染の中心地である湖北省武漢市全域の事実上の封鎖措置を開始した。感染者は中国のほぼ全土に広がり、600人を超えた。

 在中国日本大使館は23日、北京で開催した邦人向け説明会で、武漢市で日本人1人が重度の肺炎となり、入院治療を受けていることを明らかにした。新型コロナウイルスによるものかどうかは確認中という。関係者によると、60代の男性だという。

 中国共産党機関紙・人民日報などのニュースサイトによると、感染者は23日午後11時(日本時間24日午前0時)までに、死者17人を含む639人となった。中国本土での感染確認は、31の省・直轄市・自治区のうち28に拡大している。このほか、香港で2人、ベトナム南部ホーチミンで中国人2人、シンガポールで中国人1人の感染が、それぞれ確認された。

 武漢市では23日午前から、市外に向かう便を中心に航空便、列車が運休となったほか、地下鉄など市内の公共交通機関も全面停止した。市政府は住民に「特殊な事情がなければ武漢を離れてはならない」と呼びかけている。交通運輸省は、全国の関係機関に武漢からの車両、船舶の移動を制限するよう通知した。

 中国中央テレビなどによると、武漢周辺の黄岡や鄂州、赤壁の3市も、武漢市と同様の措置を取る。

 また、感染拡大の影響で、北京の世界遺産「故宮」も25日から休館する。再開時期は明示していない。

 世界保健機関(WHO)は23日、スイス・ジュネーブで専門家による緊急委員会を再び開き、感染の拡大が「国際的な公衆衛生上の緊急事態」に相当するかどうかを協議した。22日の会合では、テドロス・アダノム事務局長が「より多くの情報が必要」として、判断を保留した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事