文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

武漢での予選中止にボクシング連盟、情報収集に追われる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本ボクシング連盟は23日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)から東京五輪アジア・オセアニア予選(2月3~14日、中国・武漢)の中止について通知を受けたと発表した。代替開催地などは未定で、同連盟はこの日も情報収集に追われた。

 男子6人、女子5人が派遣される予定だった同予選に向け、海外合宿を実施したばかり。本博国強化委員長は連盟を通じたコメントで「合宿で強化ができていたため、成果につながると考えていた」と困惑。減量などにも影響するため、他の連盟関係者は「本当に早く決めてほしい」と語った。

 一方、選手は事態を見守っており、男子ライト級の成松大介(自衛隊)は連盟を通じ、「時期や場所が決まれば最終調整をして結果につなげるだけ」などとコメントした。

 また、日本オリンピック委員会(JOC)の福井烈・専務理事はこの日、今月29日の理事会などの会合で、感染予防に向けた注意喚起や対策を検討する考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事