文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

医療・健康・介護のコラム

中国の新型コロナウイルス肺炎 見えてきた特徴は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日本含め中国以外でも感染者

中国の新型コロナウイルス肺炎 見えてきた特徴は

武漢便などが到着する時間帯の検疫検査場でサーモグラフィーを受けるマスク姿の乗客ら(21日午後3時53分、関西空港で)∥里見研撮影

 前回、「現段階では病気の特徴も感染経路も潜伏期間も治療法も予防法も判然としない武漢のコロナウイルス感染です。これからいろいろな調査結果が公表されて、感染症の特徴が明らかになっていくことでしょう」と申し上げました(2020年1月10日アップ。)

 その後、2週間足らずの間にたくさんの情報が集まってきました。そこで、今回も前回に続いてこの新型コロナウイルス(2019-nCoV)について説明しようと思います。本稿を執筆しているのは1月22日午後なのですが、今後さらにいろいろな変化があるものと思います。その点ご了承ください。

 この時点で判明した2019-nCoV感染者数は400人以上。当初は武漢で多く報告されていた感染症ですが、北京、上海、広東省などで新たな患者が発見されています。タイ、日本、米国、台湾など国外での感染者も次々と発見されています。死亡者はすでに9人報告されました。報道によると「ウイルスが変異する可能性( https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012200215&g=int )」が指摘されています。

 しかし、一般に新興感染症が発見されたときはウイルスの特徴がどんどん変化するというよりは、これまで分かっていなかった事実がだんだん明るみに出ることのほうが多いので、ぼくはこの見解にはやや懐疑的です。ただ、ウイルスの変異があろうとなかろうと、やるべき対応策は同じですので、判断にはそう変わりはありません。現場の医者的には、それほど気にしなくてもよいところです。

人から人へ感染の可能性 SARSよりは感染力低い?

 感染源については海鮮市場の野生動物が起源である可能性が指摘されていますが、まだ確定はしていません。一方、これまでの疫学情報から、本感染症がヒトからヒトに感染する可能性が非常に高いと判断できます。よって、仮に海外から日本にウイルスが持ち込まれた場合、日本国内でさらなる感染の流行が起きる可能性はあります。

 ただし、2002年から03年のSARSのときのようにひどい感染性はないんじゃないかと現時点では考えています。当時は同じマンションのトイレの流した水からとか、病院内などあちこちで感染が発生して大変でした。ああいうことは現段階では観察されていません。他方、すでに14人かそれ以上の医療従事者が2019-nCoVに感染したとも報じられているので、病院内感染も深刻な問題です。医療機関内では堅牢けんろうな感染対策が欠かせません。

睡眠、休養、栄養……基本の感染対策こそ重要

 一方、一般の市民の皆さんは現時点で特別なことをする必要はないとぼくは思います。まあ、あえて言うならば、一般的な感染症防御方法をとるのがよいでしょう。それは、驚くほどシンプルなのですが、十分な睡眠や休養、過労や過度のストレスの回避、栄養バランスのとれた食事といった「当たり前」のことです。特別な薬やサプリメントは必要ありません。

 あと、マスク着用は「予防」にはあまり役に立ちません。街を歩くときなど、ことさらにマスク着用にこだわる必要はないと思います。BBCワールドサービスのニュースをポッドキャストで聞いていたら、中国でもマスクの買い占めなどパニック的な行動が起きているようです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

<PR情報>

3件 のコメント

コメントを書く

新型コロナウイルス

ウイルスバスター

10年ほど前に、新型インフルエンザ(2009)で大騒ぎになりましたが、現在では、それは普通の季節風インフルエンザとして扱われています。 未知のウ...

10年ほど前に、新型インフルエンザ(2009)で大騒ぎになりましたが、現在では、それは普通の季節風インフルエンザとして扱われています。

未知のウイルスは、それが人間にどう影響するか、どの程度の被害を与えるのかの予測がつかないので怖いのは事実ですが、今現在(1/30)の状況を見て、やや楽観的な見方をすると、新型コロナウイルスは、なんとなく2009年の新型インフルエンザと同じ経過をたどりそうな気がしますね。

あと、今回の新型コロナウイルスも新型と言われていますが、世の中には目に見えないウイルスというものがあるらしいとわかってきたのがせいぜいここ100年とか150年でしょうから、長い人類の歴史の中では、それ以前も散発的に感染源の動物(コウモリ?)から同じウイルスをもらった人もいて、ヒトヒト感染もあったかもしれませんよね。(少しは変異してたとしても。遺伝子がどの程度違ったら別の種類とみなすんですかね)

つづきを読む

違反報告

マスクは有効

ドクターオヤジ

マスクは有効です。手すり、つり革などを触れた手でかおや口元を触らなくなります。副次的に非常に有効です。ウガイ手洗いインフルエンザたいさくを兼行し...

マスクは有効です。手すり、つり革などを触れた手でかおや口元を触らなくなります。副次的に非常に有効です。ウガイ手洗いインフルエンザたいさくを兼行しましょう

つづきを読む

違反報告

希少感染症の最小限と最大限と一般の理解度

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

マスクがあった方が、通過する菌やウイルスは少なそうな印象有りますが、パーフェクトではないですよね。 現地では日本人の入院者もでて、武漢は封鎖され...

マスクがあった方が、通過する菌やウイルスは少なそうな印象有りますが、パーフェクトではないですよね。
現地では日本人の入院者もでて、武漢は封鎖されているそうですが、どうなんでしょうか?
スナイパー漫画を読み過ぎると違う視点も出てきますね。
未知のコロナウイルスが見つかったことと、感染症患者と推定されている患者がいる事と、交通網の封鎖による移動の制限が行われていることと、切り分けてそれぞれに考えないといけません。

一方で、日本はじめ、諸外国からすれば、感染ルートや集団発生の最小限と最大限を考えて、杞憂で文句が起こるくらいの集団感染発生時の対策が大事になります。

武漢を調べてみると、赤壁の近所で、川沿いの上、工業都市で空気が汚いそうですから、他の要因も含めて疑う必要があります。
特殊な動物が宿主である説が出回ってますが、コロナウイルスのWIKIを調べると、一応の経路が書かれていますが、詳細な経路が判明していないとも書かれています。
ウイルス学会でも、コロナウイルスはそこまで数多い演題もなかったと思いますが、いずれにせよ、呼吸器だけでなく、最重症として、全身炎症の状態を視野に入れて、隔離後に人工呼吸器や人工透析なんかも視野に入るのかもしれません。
もちろん、今回の中国での重症例の実際や直接死因がわかればベターですが、果たして真実が判明しているのか、また真実が伝わるかどうかは難しいです。

IR誘致のニュースもありますが、今回に限らず、必然的にリスクも上がります。
施設勤務の医師や看護師はじめスタッフの待遇や余剰戦力に関しても考えていく必要があります。
普通の医療人の手には負えませんが、ある程度の素養と余裕があれば、ある程度の水準には達するでしょう。
通常の医学カリキュラムでは学べない分野について、医師も他の分野を学べる土壌とか交流を持てる土壌に資金と暇が大事です。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事