文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

深層NEWSフライデー

ニュース・解説

そのうっかりミス、実は「うつ」かも? 高齢者だけじゃない「新型認知症」に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 脳の障害によって、記憶力や判断力、注意力などが衰える認知症。これと似た症状の背景に、うつ病が潜んでいる場合が少なくありません。うつによる認知機能の低下は、「新型認知症」と呼ばれることもあります。深層NEWSのスタジオに東京医科歯科大の朝田隆特任教授と脳神経外科医の工藤千秋さんをお招きして、一見よくある“うっかりミス”に紛れた新型認知症の症状や、新型認知症になりやすい人のタイプなどについて解説していただきました。(司会・右松健太キャスター、久野静香アナウンサー)

 【ゲスト】

  朝田隆(あさだ・たかし)  東京医科歯科大特任教授。筑波大名誉教授。メモリークリニックお茶の水院長。認知症予防、治療が専門。

  工藤千秋(くどう・ちあき)  くどうちあき脳神経外科クリニック院長。デイケアなどで認知症予防に取り組む。

 【コメンテーター】

  田村良彦(たむら・よしひこ)  読売新聞メディア局専門委員。ヨミドクターで『田村専門委員の「まるごと医療」』を連載中。

そのうっかりミス、実は「うつ」かも? 高齢者だけじゃない「新型認知症」に注意

加齢で前頭葉の働きが低下

右松 仕事や普段の生活で起きる、ちょっとしたミス。「休みボケかな」とか、「年齢のせい」と片付けている方もいらっしゃるかもしれないんですが、実は高齢者だけではなく、働き盛り世代でも注意が必要な新型認知症というものがあるんです。今夜は、そうした危ないうっかりミスについて、ゲストにしっかり伺いたいと思います。朝田さん、そもそもこのうっかりミスというのは、何で起きるものなんでしょうか?

朝田 脳の加齢が一番の原因ですね。脳の病気では、たいてい前頭葉がやられます。前頭葉というのは脳の司令部で、注意力、判断力などに関わるため、加齢により、うっかりミスがふえてくるのです。

顔と手を刺激して老化防止

id=20200122-027-OYTEI50006,rev=2,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

右松 工藤さん、脳の老化は防ぐことはできるものなんでしょうか。

工藤 これができるんです。このフリップをご覧いただけば、脳の中で顔と手の占める場所が非常に大きいことがわかると思います。広い面積を占めている顔を、広い面積を占めている手で刺激する。そうすると、脳はどんどん元気になっていくわけです。

右松 トレーニングの方法はあるんですか。

工藤 はい、私が「変顔体操」と名づけた運動があります。ぜひ一緒にやってみていただきたい。まず中指を鼻の横へ押しつけてみてください。そうすると、とても痛い場所があると思います。そこが顔の知覚をつかさどる三叉さんさ神経という大事な神経が出てきている場所なんです。ここを刺激しながら、人さし指でまぶたをぐるぐる押す。そして残りの指で口の横を持って、ぐるんぐるん回してください。どうですか? これで顔がスキッとしませんか。

右松 温かくなってきた感じがします。これは1日に何回ぐらいやるといいですか。

工藤 何回ということはないんですが、暇になったとき、特に朝起きたとき、それから昼間にボーッとしてきたとき、夜眠くなってきたとき、どんどんやりまくることです。

認知症と異なる新型認知症

id=20200122-027-OYTEI50007,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

右松 うっかりミスというのは、脳の老化以外に何か原因はあるんでしょうか。

朝田 やはり今日のテーマの新型認知症、つまりうつ病ですね。高齢者のうつ病は、例えば配偶者と死別したとか、仕事を失ったとか、家族と離れて暮らすとか、そうした、お年を召すとありがちなことがきっかけになりやすい。また、年とともに体の病気が悪くなることもありますよね。まさに心身両面から影響し合うことで、余計に悪くなったり長引いたりする。

田村 高齢の方だと、そもそも認知症もあったりして、そこにうつ病が重なると、なかなか見極めるのは難しいんじゃないんですか。

id=20200122-027-OYTEI50008,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

朝田 おっしゃる通りです。特に配偶者と死別した後、4か月から半年ぐらい、うつ病とも認知症ともつかない、今までとは全然違う状態になられて、お子さんたちがすごく心配されたりする。お父さんが亡くなった後、お母さんがぼけちゃった……なんてことは、本当にしばしばあります。

工藤 実はきょうも、ご主人と死別されて、一気に物忘れが進んでしまったという68歳の女性が外来にいらっしゃいました。本人だけでなく娘さんや息子さんたちまで気持ちが落ち込んでしまい、大変な状況でした。こうしたケースは、頻度が少ないどころか、一般の外来で頻繁に見られます。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sinsonewsfriday_logo

深層ニュースFRIDAY
 「深層ニュース」は日本テレビ・BS日テレ・読売新聞が共同制作し、BS日テレで毎週月曜~金耀の午後10時から放送。金曜日は、人生100年時代を幸せに過ごすカギとなる健康やお金をテーマに展開している。 番組サイトはこちらをクリック

深層NEWSフライデーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事