文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

新型肺炎の死者6人に、武漢市への出入り一部制限…「海鮮市場」は24時間監視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
新型肺炎の死者6人に、武漢市への出入り一部制限…「海鮮市場」は24時間監視

発熱などの症状がある患者に対して問診を呼びかける貼り紙が掲示された北京市内の病院(21日午後、北京で)=片岡航希撮影

 【上海=南部さやか】中国湖北省武漢市を中心に多発する新型コロナウイルスによる肺炎で、武漢市政府は21日、武漢への出入りを一部制限すると発表した。中国政府の専門家チームが、新型ウイルスの人から人への感染を確認したことを受けた措置だ。市政府はまた、新たに3人の死亡を公表、死者は計6人となった。

 中国政府の21日午後6時の発表によると、中国国内では新たに77人の感染が確認され、中国全土の感染者数は計291人となった。武漢市以外では、北京市で5人、上海市で2人、広東省で14人となっている。これとは別に、山東省と河南省など4省、天津と重慶両市も感染者を確認したと発表しており、感染地域が拡大している。

 台湾でも21日、武漢市から戻った50歳代の台湾人女性1人の感染が確認された。

 武漢市で新たに死亡した3人は、66歳と89歳の男性2人と48歳の女性だった。武漢では9人が危篤、35人が重症。医療従事者15人の感染も確認されている。

 24日から始まる春節の連休を控え、武漢市政府は市外への団体旅行を禁止するほか、市内に出入りする車両の検問を実施する。感染者の多くが関わっていたとされ、1日から閉鎖されている市中心部の「華南海鮮卸売市場」は、24時間体制の監視下に置く。20日に中国政府の専門家チームトップで、著名な呼吸器専門医の 鍾南山ジョンナンシャン 氏が中国中央テレビの取材に、人から人への感染例があると明言したことで、対策を強化した。鍾氏によると、武漢では発熱などの症状が確認されれば、市外への移動も禁止するという。

 日本や中国などを管轄する世界保健機関(WHO)の西太平洋地域事務局は21日、ツイッターに「新たに報告された感染例から、持続的に人から人への感染があるとみられる」と投稿した。WHOは22日、ジュネーブで専門家による緊急委員会を招集する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事