文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

今井一彰「はじめよう上流医療 あいうべ体操で元気な体」

医療・健康・介護のコラム

口呼吸は危険がいっぱい 自分ですぐに改善できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本人の3分の1が患っていると言われる花粉症。今年も、目の玉をくりぬいてほしい、鼻をごそっと丸洗いしたい、といった過激な思いにとらわれる人も少なくないでしょう。

 花粉症はある日、突然発症し、くしゃみ、鼻汁、眼のかゆみ等々に悩まされることになります。春だけじゃなく、秋の花粉症を持つ人も増えてきました。

 今回の「上流医療」(前回コラム参照)はズバリ、お手軽な鼻づまり解消法。花粉症対策にも有効ですから、ぜひ試して下さい。

あなたの舌の位置は?

 自分のことは、あまりよく知らないものです。まずは、あなたの舌が正しい位置にあるかどうかを確認しましょう。「鼻づまりのことなのに、舌とは?」と疑問に思った方、後でご説明します。

口を軽く閉じたとき、あなたの舌先は

1 上下の歯の裏に当たる
2 上あごについている
3 どこにもついていない
さて、どれでしょうか。

 本来の舌位置は、2の「上あごについている」です。

口呼吸は危険がいっぱい 自分ですぐに改善できます

 このCT画像(ピンク色が舌)では、舌と上あごの間にすき間が空いていますね。これは1の状態。少し舌が下がっています。これを「 (てい)()(ぜつ) 」といいます。

 舌は200グラムくらいの筋肉の塊で、スマホと同じくらいと言われます。これが加齢とともに筋力が弱り、だんだんと下がってきてしまいます。それに伴って口が開き気味になり、口呼吸となるというわけです。

 でも最近はお子さんでも、舌の力が弱く、口呼吸になっているケースが多くなってきているのも健康問題の一つです。これを口腔機能発達不全症といいます。

鼻呼吸に変える「あいうべ体操」

 口呼吸を鼻呼吸に変えるために、私が考案したのが、口の体操「あいうべ」です。「あいうべ」を行うと、舌や口の周囲の筋肉が鍛えられ、口呼吸をしなくなります。やり方を説明しましょう。

口呼吸は危険がいっぱい 自分ですぐに改善できます

(1)「あー」と、口を大きく開く。
(2)「いー」と、口を大きく横に広げる。
(3)「うー」と、唇をとがらせて口を前に突き出す。
(4)「べー」と、舌を思い切り突き出して下に伸ばす。

 大げさなぐらい口をしっかり動かし、(1)~(4)を5秒ぐらいかけてゆっくり行ってください。

1日30回が目安 舌筋鍛える「べー」

 これを1回として、1日30回を目安に行います。無理のない程度であれば、それ以上行ってもかまいません。また、朝昼晩に10回ずつ、3度に分けて行っても結構です。

 「あいうべ」は、いつ、どこでやってもかまいませんが、特にお勧めは入浴時です。温かい浴室なら、「あいうべ」で口を大きく開けても、冷えたり乾燥したりする心配がありません。

口呼吸は危険がいっぱい 自分ですぐに改善できます

 「あいうべ」のうち、「あ」「い」「う」という口の動きは、口輪筋や表情筋を鍛えるのに役立ちます。特に、唇をとがらせて前に突き出す「う」の動きは、口を閉じる力をつけるのに有効です。そして、「べー」と舌を出すことで舌筋が鍛えられます。舌を正しい位置に引き上げるためには、舌筋を鍛えることは最も重要といえます。

 あいうべ体操を10回行ったら、舌はどうなるのでしょうか。

 それを見たのが、こちらのCT画像です。舌が、上あごにぴったりとくっついています。

 この状態では口が容易に開きませんから、自然と鼻で呼吸することができます。あいうべ体操をすると、鼻が通り、風邪をひきにくくなっていきます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

imai_kazuaki_200-200

今井 一彰(いまい・かずあき)

 みらいクリニック院長、相田歯科耳鼻科内科統括医長

 1995年、山口大学医学部卒、同大学救急医学講座入局。福岡徳洲会病院麻酔科、飯塚病院漢方診療科医長、山口大学総合診療部助手などを経て2006年、博多駅近くに「みらいクリニック」開業。日本東洋医学会認定漢方専門医 、認定NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長、日本加圧医療学会理事、息育指導士、日本靴医学会会員。

 健康雑誌や女性誌などに寄稿多数。全国紙、地方紙でも取り組みが紹介される。「ジョブチューン」(TBS系)、「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「ニュースウオッチ9」(NHK)、「おはよう日本」(同)などテレビやラジオの出演多数。一般から専門家向けまで幅広く講演活動を行い、難しいことを分かりやすく伝える手法は定評がある。

 近著に「足腰が20歳若返る足指のばし」(かんき出版)、「はないきおばけとくちいきおばけ」(PHP研究所)、「ゆびのば姿勢学」(少年写真新聞社)、「なるほど呼吸学」(同)。そのほか、「免疫を高めて病気を治す口の体操『あいうべ』」(マキノ出版)、「鼻呼吸なら薬はいらない」(新潮社)、「加圧トレーニングの理論と実践」(講談社)、「薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ」(コスモの本)など多数。

今井一彰「はじめよう上流医療 あいうべ体操で元気な体」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事