文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

新型肺炎患者の長時間接触者ら41人、健康状態を観察…厚労省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が日本国内で初めて確認された問題などを受け、厚生労働省は20日、患者と長時間行動をともにするなどしていた41人について、健康状態の観察を続けていると明らかにした。

 観察の対象は、今月16日に国内での感染が発表された神奈川県在住の30歳代の中国人男性の家族や職場の同僚ら38人のほか、20日に韓国で感染が確認された中国人女性と飛行機内の座席が近く、その後日本に滞在している3人。いずれも現時点では感染や体調悪化は確認されていないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事