文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森本昌宏「痛みの医学事典」

医療・健康・介護のコラム

BMI30以上は腰痛発症率が2倍 股関節、膝の関節も…肥満は痛みの大敵だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

人工膝関節置換術の70%以上が肥満の患者

 肥満は様々な痛みを作り出して、増悪させる。たとえば、BMIが30以上の方は、BMI25未満の方と比較すると、「腰痛」の発症率が2倍になる。若年者では、腰の椎間板が自身の重みに耐えかねてパンクし、「椎間板ヘルニア」を発症する。加齢変化が加われば「変形性脊椎症」、神経症状を伴う場合には「脊柱管狭窄症」、との具合にである。

 股関節や膝関節の痛みもしかりである。これらの関節は“荷重関節”とも呼ばれ、常に体重という大きな荷重に耐えているのである。「変形性膝関節症」での膝の痛みは、体重に耐えかねてすり減った軟骨が悲鳴をあげている、と考えていただきたい。人工膝関節置換術の適応となる方の実に70%以上が肥満の患者、さらに肥満がある場合には、人工膝関節の耐用年数も短くなる。これらの関節の痛みは、移動機能が低下した状態をさす「ロコモティブシンドロ-ム」の原因となり、さらなる肥満を引き起こす。

 メタボ君呼ばわりされて憤慨されているあなた、まずは痩せましょうか。ただ、腰や股関節、膝関節の痛みを自覚されている方が、ダイエットのためと歩き回るのはいけません。カロリ-制限以外に手立てはありませんので、悪しからず。(森本昌宏 麻酔科医)

BMI(体格指数)の計算式 体重(kg)/身長(m)の2乗

18.5未満    -やせ
18.5~25未満 -標準
25~30未満   -肥満
30以上    -高度肥満

(例)身長160cm、体重70kgの場合
BMI=70/1.6の2乗=27.3で「肥満」と判定

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morimoto-masahiro

森本 昌宏(もりもと・まさひろ)

 大阪なんばクリニック本部長・痛みの治療センター長。
 1989年、大阪医科大学大学院修了。医学博士。同大学講師などを経て、2010年、近畿大学医学部麻酔科教授。19年4月から現職。日本ペインクリニック学会専門医、名誉会員。日本東洋医学会指導医。著書に『ペインクリニックと東洋医学』『痛いところに手が届く本』ほか多数。現在、大阪市北区の祐斎堂森本クリニックでも診療中。

森本昌宏「痛みの医学事典」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事