文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森本昌宏「痛みの医学事典」

医療・健康・介護のコラム

BMI30以上は腰痛発症率が2倍 股関節、膝の関節も…肥満は痛みの大敵だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 古代では太った女性が崇拝されていたという。事実、各地で発見されるビ-ナス像は豊満な体形をしている。一般的な指標である体格指数BMI(Body Mass Index)では、25以上が肥満と判定されるが、1908年にオ-ストリアのビレンドルフで発掘されたビ-ナス像のBMIは30前後と推定された、とのことである。現代でも、南太平洋の島々では太っている女性が好まれ、フィジ-では、「また太ったね」がほめ言葉として使われているそうである。

太っていることとメタボは違う

 だがしかし、である。豊満とメタボは、ちょっと違う。少し難しくなるが、メタボリックシンドロ-ムとは「内臓脂肪蓄積とインスリン抵抗性を基本病態として、脂質代謝異常、高血圧、耐糖能異常が一個人に集積している状態」であり、心血管疾患(「狭心症」や「脳 梗塞(こうそく) 」)の原因となるものをさしている。“生活習慣病”(ひと昔前までは“成人病”と呼ばれていた病気)が複合したものと考えてよいだろう。つまり、ただ太っているだけでメタボリックシンドロームに当てはまるわけではないのだが、いまやメタボという言葉は、肥満と同義語のように用いられている。ただ太り気味だというだけで、“メタボ君”呼ばわりをされ、憤慨された方も少なくないだろう。

「命の回数券」も損なう

 とはいえ、メタボリックシンドロ-ムの中心となるのは、やはり肥満である。特に、皮下にではなく、内臓(腸間膜)に脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」(ウエストが男性では85cm、女性は90cm以上が目安)が問題となる。米国の「ワールドウォッチ研究所」が行った調査では、全世界の肥満人口は急増し、2000年には12億人に達している(他方、飢餓に苦しんでいる人口も12億人!)のである。肥満者の増加が最も深刻なのは米国で、成人の60%がBMI25以上であると報告されている。また、南太平洋に浮かぶ島、ナウル島での調査では、成人男性の80%、成人女性の78%がBMI30以上の肥満とされている。生活の急速な西欧化が原因と考えられている。

 肥満は様々な2次障害を引き起こすが、特に厄介なのは、先に述べた「狭心症」や「脳梗塞」など。さらに、「命の回数券」とも呼ばれる「テロメア」(染色体の末端に存在し、DNAの損傷を防いでいる構造物)が、肥満により短くなってしまうことも確認されているのだ。肥満、特に内臓脂肪の蓄積は、「睡眠時無呼吸症候群」を増悪することだって知られている。

 そして、肥満と痛みとの関係は……。結論から言うと、肥満は痛みの大敵である。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morimoto-masahiro

森本 昌宏(もりもと・まさひろ)

 大阪なんばクリニック本部長・痛みの治療センター長。
 1989年、大阪医科大学大学院修了。医学博士。同大学講師などを経て、2010年、近畿大学医学部麻酔科教授。19年4月から現職。日本ペインクリニック学会専門医、名誉会員。日本東洋医学会指導医。著書に『ペインクリニックと東洋医学』『痛いところに手が届く本』ほか多数。現在、大阪市北区の祐斎堂森本クリニックでも診療中。

森本昌宏「痛みの医学事典」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事