文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[歌手 丸山圭子さん]卵巣嚢腫(のうしゅ)(3)入院中 未来へのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[歌手 丸山圭子さん]卵巣嚢腫(のうしゅ)(3)入院中 未来へのヒント

 手術後の入院は1か月ほどに及んだ。ベッドの上では、子どものこと、退院後の生活のこと、そして離婚成立後の音楽活動への復帰について考えた。

 1970年代にシンガー・ソングライターとしてデビューし、大ヒットも出すことができたが、音楽界は大きく変化していた。90年代半ばは、カラオケで盛り上がるような派手な曲ばかりが売れ、大人がじっくりと耳を傾けられるようなサウンドは苦戦していた。

 復帰してから、どんな曲を作り、歌っていけばいいのだろうか――。

 そんなことを考えながら、病院の大部屋のベッドで体力の回復を待ちつつ、ヘッドホンで様々な音楽を聴く日々だった。

 ある日、主治医から「いつも何を聴いているんですか?」と尋ねられたことをきっかけに、自分が音楽を作り、歌ってきたことを話した。隣のベッドに入院していた20歳ぐらいの女の子が、その会話を聞いて、目を輝かせた。ぜんそくの治療中だが、シンガー・ソングライターを目指し、自分で曲を作り、歌っているという。

 「退院したら、私に作詞作曲、それに歌を教えてください」と言われた。

 気軽に「いいですよ」と答えたが、それが自分の未来にとって、新しい可能性を示唆していたことには、まったく気づかなかった。

歌手 丸山 圭子さん(65)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事