文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

飛蚊症 視界が一部曇る

 数年前から飛蚊症の症状があり、視界に細かい糸くずのようなものが見えます。ある時から黒い部分が増え、片方の目の一部が曇って見えるようになりました。眼科医には治療法がないと説明されましたが、対処法はないのでしょうか。(59歳女性)

加齢原因なら自然に軽快

前野 貴俊 東邦大医療センター佐倉病院眼科教授(千葉県佐倉市)

 目の中には、無色透明のゼリー状の「硝子体」があります。飛蚊症の多くは、加齢に伴い硝子体に濁りが生じ、その影が見える「生理的飛蚊症」です。

 このほかにも、網膜 剥離はくり や、網膜からの出血、眼内の炎症などが原因となり、飛蚊症の症状が出ることがあります。その場合は眼底検査で確認し、直ちに治療をすることが必要です。

 視界が曇る状態は、飛蚊症以外にも、白内障や網膜剥離、眼内の炎症などで起こります。

 白内障ならば、視界の全体が徐々に曇ってくるのが特徴です。網膜剥離では、ある方向からベールをかぶせられたような曇りが急速に広がります。眼内の炎症の場合は、進行が速く、しばしば目の痛みを伴います。

 網膜剥離と炎症による視界の変化は、治療のタイミングが遅れてしまうと視力障害が残ります。速やかに眼科医を受診することが必要です。

 ただ、質問者の視界が曇る症状については、生理的飛蚊症が原因ではないかと思われます。通常は数か月で自然に軽快することが期待できます。改善しない場合、公的医療保険の対象ではありませんが、特殊なレーザーで硝子体内の大きな濁りを砕く治療も可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。