文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[タレント 上原りささん](下)「彼氏いない歴28年」でもあせらない 歌手デビューで、初めて歌って踊るよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)で「パント!」のおねえさんとして7年間、全国の子どもたちに身体表現の楽しさを伝えてきた上原りささん。昨年3月に番組を卒業し、7月からタレントとして活動を開始しました。今月29日には、子どもたちと一緒に歌って踊れる曲を収めたCD・DVDを発売し、歌手デビューします。7年間を振り返って思うことや今後の活動への抱負などを聞きました。(聞き手・藤田勝、撮影・武田裕介)

親子で見てくれる空気感が好き

――憧れていた宝塚と違って、「おかあさんといっしょ」は子ども向け。物足りなくはなかったですか。

 いえ、結構、満足していました。子どもだけじゃなく、お母さん、お父さんの反応がすごくあって、親子で見てくれる空気感が好きだし、楽しかったです。コンサートでは、会場を「もっと! もっと!」って盛り上げるのも好きでした。むかしの自分だったら、そんなことをするなんて考えられないです。

――番組卒業後は、すぐにタレント活動をしようと思ったんですか。

 7年間は、本当にいい経験をさせてもらいましたが、卒業後、燃え尽き症候群みたいになって、「この後、どうしようか」と、何もしないでしばらくは悩んでいました。そんなとき、ラジオのイベントに呼ばれて、会場の子どもたちと歌ったり、踊ったりする機会があり、「やっぱり、私は人前でこういうことをやりたいんだな」と思うようになりました。

歌手デビュー「初めて歌って踊るよ!!」

――今月、歌手デビューとのことですが、番組では歌っていなかった?

 そうなんです。「おかあさんといっしょ」は役割がきっちり分かれていて、歌うのは、うたのおねえさんいやおにいさんで、私は体を動かして楽しさを伝える役なので、歌っちゃいけなかったんです。でも、最初のころ、音楽が流れてくると、つい口ぱくをやってしまい、注意されていました。大学でミュージカルを習い、発表会などで歌っていたので。

――それでCD&DVDの宣伝文句が「初めて歌って踊るよ!!」なんですね。どんな曲が入っているんですか。

 今の活動は主に週末のイベントなので、その場で子どもたちと一緒に踊って歌える歌を出すことになりました。「はみがきジョーズ」は、楽しく歯磨きができる曲です。イベントではもう歌っていますが、「家で歌っていますよ」と言ってくれる方もいました。口ずさみやすいみたいですね。「ベイビー・シャーク」はユーチューブの動画が世界的人気で、メジャーリーグの野球選手の登場曲にも採用されています。日本でも流行しそうです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事