文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

新型肺炎、中国・武漢で2人目の死者…5人重症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【上海=南部さやか】中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎患者が多発している問題で、市政府は16日、新たに69歳の男性患者が死亡したと発表した。死者は2人目となる。

 男性は、昨年12月31日に発病し、1月4日に病状が悪化した。その後、市内の病院で治療を受けていたが、15日未明に死亡した。入院時には、肺結核とみられる症状もあったという。

 市政府によると、16日までに患者41人から新型のコロナウイルスが検出された。このうち、9日に61歳の男性患者が死亡した。5人は依然として重症という。患者と濃厚な接触のあった119人への経過観察も続けている。

 日本とタイでも、それぞれ武漢に渡航歴のある中国人の男女の感染が確認されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事