文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

ポリファーマシー(2)薬の副作用 目の当たりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ポリファーマシー(2)薬の副作用 目の当たりに

Aさんの自宅を訪ね、説明しながら薬を渡す今井さん(左)

 山形市の住宅街にあるコスモス薬局西田店。周辺には複数の病院があり、来店者も多い調剤薬局だ。先月の夕暮れ時、管理薬剤師の今井隆裕さん(35)は車に乗り込み、エンジンをかけた。これから市内の男性Aさん(91)に薬を届けに行く。薬局の責任者をしながら、週1日程度を在宅の高齢者の訪問に当てている。

 今井さんがポリファーマシー(多剤併用)への関心を高めたきっかけは、5年ほど前にさかのぼる。

 80歳代の女性患者が顎のふるえで困っていた。消化器内科で出された胃の薬の中に、副作用でこうした症状が起きる薬があった。医師に問い合わせると、前の医師が処方していたのでそのまま出したという。薬をやめたところ、ふるえは止まった。女性は「ラクだー、よかったー」と喜んだ。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。
一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事