文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

ポリファーマシー(1)地域の協力で薬減らす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
男性(右)の血圧を測り、健康状態をチェックする高瀬医師(東京都大田区で)=田中秀敏撮影  東京都大田区の男性(82)には、一時、11種類の薬が処方されていた。40歳代で糖尿病と診断され、やがてインスリン注射が必要になった。血圧や腎臓にも不調が出て、それぞれの治療薬が増えていった。  70歳代後半になると、何度も救急搬送されるようになった。「夏に熱中症で運ばれて、腎臓の働きが悪いからと入院しました」…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事