文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

[余命3か月の入居](2) 一人暮らしで末期がん 愛犬と暮らせる場所を探して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 80代になっても元気で一人暮らしをされていた、いえ、愛犬のかわいいポメラニアンのチロとふたりでくらしていた伊藤大吉さん(仮名)(写真)が、胸に痛みを覚えたのは2015年7月のことでした。病院で検査を受けた結果は、肺がんでした。すでに転移があり、手術は不可能な状態でした。末期がんで、医師からは余命6か月の宣告が下されます。いくら高齢とはいえ、あまりにも突然にやってきた人生の終末期でした。

ホスピスを勧められたが……

[余命3か月の入居](2) 一人暮らしで末期がん 愛犬と暮らせる場所を探して

 医師からはホスピスへの入院を勧められました。また、もう一つの選択肢としては、入院して、抗がん剤による延命治療がありました。

 高齢の方、特に80代以上の方は、がんになっても治療を望まない場合があります。「さくらの里山科」の入居者の中にも、80代、90代でがんが見つかった方は何人もいますが、みなさん、手術も抗がん剤もやりませんでした。私も、高齢で身体が弱っていることを考えると、手術や抗がん剤で体力を消耗するよりは、治療をせずに静かに暮らした方が、生活の質(QOL=Quality of Life)は良好に保てる場合が多いと思います。

 伊藤さんも、抗がん剤は希望しませんでした。しかし、困ってしまったのは、それならどこで生活するか、という点です。伊藤さんは、それまで一人暮らしができていたのですから、お体はある程度しっかりされていました。買い物に行くのも、チロの散歩も、 (つえ) があれば問題なく歩けていました。認知症もありませんでした。

「残り少ない時間をチロと過ごしたい」

 しかし、末期がんとなれば、これから急激に身体が弱っていくのは明白です。近いうちに歩くこともままならなくなるでしょう。一人で暮らすのは、どうやっても無理に決まっています。

 伊藤さんには娘さんがいます。他県で暮らす娘さんの家から伊藤さんの家までは車で1時間以上かかるのですが、それでも娘さんは月に1~2回はやってきて、大きな買い物をしたりするなど、伊藤さんの生活をサポートしていました。しかし、伊藤さんが動けなくなったら、そのようなサポートだけでは生活はできません。とはいえ、娘さんにも自分の生活があり、遠方から頻繁に訪れるのは不可能です。

 そのような事情もわかっていて、医師はホスピスを勧めたのでしょう。しかし、伊藤さんはホスピスも望みませんでした。それは愛犬チロがいるからです。延命治療のための入院でもホスピスでも、チロとは別れなければならなくなります。それは伊藤さんにとってつらいことでした。

 もちろん伊藤さんも葛藤があったと思います。延命治療をするか、ホスピスに入るか、悩んだことでしょう。でも結局、伊藤さんが選んだのは、「自分に残された時間が残り少ないのなら、その時間をチロと一緒に過ごしたい」ということでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里 山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。19年7月、ホームでの人とペットの感動のドラマを描いた「看取みといぬ文福ぶんぷくの奇跡 心が温かくなる15の掌編」(東邦出版、1389円税別)を出版、大きな反響を呼んだ。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事