文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

[余命3か月の入居](1)「俺はチロに看取られたいんだよ」愛犬と奇跡の日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

願い通りにチロに看取られて旅立ち

 伊藤さんの口癖は「俺はチロに看取られたいんだよ」でした。伊藤さんがこのセリフを言う時、膝の上にいるチロは、それまで眠っていたのに顔を上げ、ひたむきな瞳で伊藤さんを見つめていました。まるで伊藤さんの言葉がわかっているかのようでした。

 その願いはかない、伊藤さんが最期を迎えた瞬間、枕元にはチロがいました。念願通り、チロに看取られて旅立たれたのです。

 伊藤さんがよく口にした言葉が、他に二つあります。一つは「少しでも長くチロと一緒にいられるように頑張るぞ」というものでした。実際に、伊藤さんは一日でも長生きできるように必死だったと思います。病気のために食欲もないはずなのに、頑張って毎回すべての食事を召し上がっていました。大嫌いなピーマンまで召し上がっているので、娘さんが驚いたほどです。

余命をはるかに超える10か月

 この二つめ目の願いもかないました。結果として伊藤さんは、さくらの里山科で余命をはるかに超える10か月も生きることができました。これは奇跡だと思っています。

 もう一つの言葉は、「俺が死んだら、ここでチロをみてやってくれよ」というものでした。私たちが「チロのことは最後まで確実に面倒をみます」と答えると、安心したようにほほえむのでした。

 この三つ目の願いも、もちろんかなっています。伊藤さんが亡くなって3年たった今も、チロはさくらの里山科で元気で過ごしています。チロがいつか、虹の橋で伊藤さんに再会するまで、私たちはしっかりチロを守っていきます。

 伊藤さんとチロの奇跡の日々については次回以降、詳しくお話したいと思います。

 このコラムは、拙著「 ()()(いぬ)(ぶん)(ぷく) の奇跡」(東邦出版)と重なる内容が多くありますが、拙著が感情面の描写を中心にした小説仕立てだったのに対し、本コラムではより客観的に状況を説明し、介護や病気に関する解説も加えていきます。また、現在進行形のエピソードが多いので、拙著の内容の後日談も書いていきます。(若山三千彦 特別養護老人ホーム「さくらの里山科」施設長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

私もペットを飼ってます

動物大好きゆかちゃん

私もワンコを飼っています。昔は猫も飼ってました30年も前に亡くなった愛猫の事を今も時々思います。子育てで忙しく二段ゲージの中で飼ってあまりスキン...

私もワンコを飼っています。昔は猫も飼ってました30年も前に亡くなった愛猫の事を今も時々思います。子育てで忙しく二段ゲージの中で飼ってあまりスキンシップしてあげられなかった事が心残りです。寝込む事もなくある朝事切れていました13才でした。
その事を教訓にして今、飼っているワンコ逹には幸せな最後を迎えて欲しいと思っています。ペットは私にとっては家族と同じです。動物は命の時間が人より速く過ぎます悲しいけれど残りの時間を楽しい日々を過ごさせてあげたいと思っています。
ペットは家族と同じです最後も一緒に居たいのは人もペットも同じ気持ちだと思います。

つづきを読む

違反報告

ペットにすがる気持ちの合理性

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

心の支えがいかに大事かわかるエピソードですね。 そして人によっては、極めて主観的なものである可能性もありますが、それが有効であれば否定することも...

心の支えがいかに大事かわかるエピソードですね。
そして人によっては、極めて主観的なものである可能性もありますが、それが有効であれば否定することもできません。

死後もペットを預かってくれるというのが、今後利用されるのか、悪用防止の線引きも含めて難しいですが、ふと考えさせられます。

ペットは基本的に人間に逆らいません。
なぜなら、逆らえない人間社会だからです。
その構造がわかっていてさえ、なお、人間は裏切らないものにすがってしまいます。

未婚率も上がっていますが、将来起こりうる事態を思えば、今後一般的になっていくのかもしれないですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事