文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

中国・武漢の原因不明の肺炎、61歳男性死亡…初の死者か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【北京=中川孝之】中国の湖北省武漢市で原因不明の肺炎が多発している問題で、武漢市は11日、1人の患者が死亡したと発表した。初の死亡例とみられる。

 61歳の男性で9日に死亡したという。中国の専門家チームはこの男性を含む複数の肺炎患者から、病原体と推定される新型のコロナウイルスを検出している。

 また、武漢市は10日現在、7人が重症だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事