文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフル患者、1医療機関あたり23.24人…4県で流行警報超え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は10日、昨年12月23~29日に全国約5000の医療機関から1施設あたり23.24人のインフルエンザ患者が報告されたと発表した。報告対象外の医療機関も含めた全国の患者数は、この1週間で約87万7000人と推計される。

 都道府県別では、山口が1医療機関あたり38.39人で最も多い。秋田33.61人、大分30.78人、山形30.28人と続き、インフルエンザ流行の警報を出す基準(30人)を超えている。

 現在、検出されているウイルスのほとんどが、2009年に新型として流行したH1N1型だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事