文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

医療・健康・介護のコラム

中国で発生 謎の新型コロナウイルス肺炎とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

何が「分かって」いて、何が「分かってない」のか

中国で発生 謎の肺炎とは

 今回は特別編です。中国で流行している謎の肺炎についてお話しします。

 一般的に僕たち専門家は「分かっていること」を説明します。分からないことは、説明できない。当たり前ですね。でも、医学・科学の世界には分からないことは山ほどあるのです。おそらくは、分かっていること以上に分からないことは多いのです。

 分からないことが分かっていることより、どのくらい多いのかと言うと、それすらもよく分からないのですが、大事なことは分かっていることと分からないことの区別ができること。何が分かっていて、何が分かっていないかということが理解できること。分かっていないということが分かっているということが分かっていないということが回避できること……って、こんな落語みたいな話をしているときりがないので本題に入ります。

SARS(重症急性呼吸器症候群)流行 2002年~03年

 昨年12月以降、中国の武漢で謎の肺炎が流行しています。武漢は中国内陸部、湖北省にある都市で、長江が流れています。59人の方がこの肺炎にかかりました。そのうち7人は重症の肺炎になったそうですが、本稿執筆時点ではこの肺炎による死亡者は出ていません。 国際感染症学会(ISID)が感染症情報を提供するメーリングリスト、ProMEDによると、1月8日時点で8人は回復して退院したそうです(https://promedmail.org/)。

 中国で謎の肺炎と言えばSARSが思い出されます。SARSは重症急性呼吸器症候群(Severe acute respiratory syndrome)の略で「サーズ」と読みます。2002年から03年にかけて、中国の広州を中心に流行した肺炎で、これまで知られていなかった新しいウイルスが原因でした。

 現在では、このウイルスはSARSコロナウイルスと名付けられています。おそらくはハクビシンのような動物から人に感染したのだろうと推測されています。広州から香港や北京、そしてカナダやドイツなどいろいろな国に飛び火して多くの患者が世界中で発生し、大問題になりましたが、03年夏以降パタリと流行は収まり、その後再流行は起きていません。あれはいったいなんだったのか。ぼくは03年の夏から北京のクリニックで診療をしていたのですが、まーこの、SARS対策は大変でした。

新型のコロナウイルスが原因か

 で、武漢の謎の肺炎も「すわ、SARSか」と懸念されたのですが、検査ではSARSコロナウイルスは見つからず。ラクダから感染し、中東や韓国で流行して問題になった中東呼吸器症候群(MERS、マーズと読む。2012年発見)の原因、MERSコロナウイルスも検査で陰性。鳥インフルエンザなど、いろいろなインフルエンザウイルスの検査も陰性でした。

 で、 2020年1月8日のニューヨーク・タイムズによると、中国の研究者が新しいコロナウイルスを発見したそうです(https://www.nytimes.com/2020/01/08/health/china-pneumonia-outbreak-virus.html )。
 59人の患者のうち、15人から同じウイルスの遺伝子が検出されたとのこと。

 「コロナ」というのはギリシア語が語源で、王様などがかぶる冠のことです。ウイルスの表面の突起が冠に見えるからこのような名前が付きました。

 コロナウイルスは人以外の哺乳類にも感染することが知られています。コロナウイルスの中でもいろいろなタイプがあり、細かく分類されていますが、人に感染するものとして、これまで知られているコロナウイルスは、そのうち6種類です。うち4種類は「普通の風邪」の原因で、残りの2つが上述のSARSとMERSコロナウイルスです。 ちなみに、中国語では「冠状病毒」というそうです(http://www.chinacdc.cn/yyrdgz/202001/t20200109_211159.html )。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

いつか・・・

魔王

大変ですね。いつ私たちもこうなるか。わからないですもん。早く終わることを願います。

大変ですね。いつ私たちもこうなるか。わからないですもん。早く終わることを願います。

違反報告

人材や器材の充実はバイオテロや災害の対策

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

医師不足とか医師の偏在が言われていますけど、結局、人材も資金も偏っているだけなのと、お役所や大学も名誉や指揮権をめぐって、敢えて整理がつかないと...

医師不足とか医師の偏在が言われていますけど、結局、人材も資金も偏っているだけなのと、お役所や大学も名誉や指揮権をめぐって、敢えて整理がつかないというところでしょうか?

一方で、多極化が進む世界における、様々な分野でイニシアチブをとるメリットを考えて、中国でさえCDCが動き始めたというところでしょう。
長寿連載の超絶スナイパー漫画とか目にしていれば、未知のウイルスや細菌はワクチンや治療剤、あるいは防護のインフラなども含めて軍事活動の一環に当たるようにも思えるので、たまには景気良く資金が降りてきても良いように思います。
積極的に攻撃を加える行為は憲法に反しますが、人道支援や自衛力としての医療水準の維持は大事だと思います。
仕事は見世物のドラマでもないし、奇跡の期待より準備や根回しが大事です。

留学生や流入移民、LCCも増えていますし、今後も中国やアフリカ、アマゾンの奥地から、どんな微生物や有害物質が発見されるかわかりません。
遺伝子変異を考えれば、感染症のリスクは掛算だとわかります。
血液検査のみならず、CT、MRI、あるいは核医学検査などの器材も含めて、施設や人材の充実は観光立国やカジノ経営の観点も含めて国の重要課題ではないかと思います。
それは、災害時に共有できるインフラも多数あるでしょう。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事