文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

左の椎骨動脈 細いと指摘

 頭痛とめまいがあり、病院で調べると、左の椎骨動脈が細いことや、小脳の小さな 梗塞こうそく を指摘されました。通院は不要と言われ、生活にも支障はありませんが、何らかの処置は必要でしょうか。(53歳女性)

動脈硬化予防へ体重管理を

中川 修宏 畿大学医学部脳神経外科講師 (大阪府大阪狭山市)

 椎骨動脈は、首の左右に1本ずつある動脈で、脳に栄養を届ける重要な役割があります。

 椎骨動脈が細い原因は、大きく2種類に分けられます。一つは、もともと血管の発育が悪く、細くなっているもので、低形成と呼ばれます。もう一つは、動脈硬化などが原因で、血管が狭くなるケースです。

 内容から推測すると、質問者は左側の椎骨動脈が生まれつき細いようです。その場合は病的なものではないので、過度に心配する必要はありません。また、小さな梗塞は症状が表れない無症候性のものと考えられます。

 右側の太い方の椎骨動脈には異常がなさそうですが、動脈硬化で狭くなったり、詰まったりした場合は、脳梗塞を起こす恐れがあります。動脈硬化を予防することが非常に重要なので、適切な体重を維持することや適度な運動、規則正しい食事を心がけてください。喫煙や過度な飲酒も控えましょう。

 高血圧や脂質異常症などの生活習慣病があれば、適切な治療を受けることが大切です。不安があれば、悩まずにかかりつけの医師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。