文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【私と医療ルネサンス あれからの物語】(3)理想の医師へ歩む道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

夢の家庭医に 杉谷真季さん

【私と医療ルネサンス あれからの物語】(3)理想の医師へ歩む道

訪問先で診察する杉谷さん(左)(東京都世田谷区で)=川口正峰撮影

 昨年12月、東京都世田谷区のマンションに高齢の夫婦を訪ねた。ベッドに腰掛けた男性(89)の傍らで、女性(81)が待ちわびたように切り出した。「主人は、ここで転んじゃったの。私も今朝、腰がぎくっときてしまって」。医師の杉谷真季さん(35)は「奥さまもお大事にね」と声をかけ、そっと手を女性の腰に添えた。

 杉谷さんは同区の桜新町アーバンクリニックに勤務する家庭医。病気も性別も年齢も問わず、家族を丸ごと診る。

 家庭医を目指す出発点は2002年1月、高校2年の冬。医療ルネサンス「家庭医という専門医」(5回)を読んだ時だ。

 自宅の敷地内で内科と小児科を開業する祖父の姿を見て育った。高校に入り、病院の1日医師体験に参加するなど、医師の道を目指そうと考えていた。

 家族図作り情報蓄積――初回の見出しは忘れられない。カルテに家族の系図を書き、診療のたびに情報を加える家庭医のルポ。家族の情報や、暮らしぶりを把握すれば、病気の背景が見えてくるという。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事