文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

妊娠・育児・性の悩み

「誤飲に注意」と話した1時間後に「ボタン電池を…」 親を責めても事故は減らない…過去事例から学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「新しい環境」「新しい製品」が新しい事故を

 人は、「生活機能が変化する」ことによって事故に遭遇しやすくなるのです。子どもは、昨日できなかったことが、今日できるようになります。昨日まで寝返りを打てなかった子どもが、今日、寝返りを打ってベッドから転落して頭を打つのです。高齢者は、昨日までできたことが、今日できなくなります。昨日までは足が上がっていたのに、今日、足が上がらずに段差につまずいて転倒して骨折するのです。すなわち、子どもは発達するから、高齢者は退行するから事故に遭遇しやすいのです。

 子どもの事故は、「世界で1件だけ」ということはありません。必ず複数件、同様な事故が発生します。子どもの生活に「新しい環境」や「新しい製品」が出回ると、必ず新しい事故が発生します。

事故予防は行われていない

 子どもの事故の現状をデータで見ると、同じ事故が同じように起こり続けています。東京消防庁からは救急搬送された日常生活事故(全年齢:年間に約14万件)、日本スポーツ振興センターからは学校管理下の災害共済給付(年間に約100万件)、日本中毒情報センターからは受信報告(年間に約3万件)などのデータがあります。これらは、前年のデータをコピーして今年のところに貼り付ければ、ほぼ今年のデータに重なるという状況が続いています。すなわち、事故の予防は行われていない、行っていると思っていても効果がない、ということです。また、毎年のデータがほとんど変わらないということは、どんな事故が起こるか、よくわかっているということでもあります。

 これまで、事故は「偶発的に、ランダムに起こる」と考えられ、けがを負うのは「運が悪い」、あるいは「不注意のため」とされてきました。事故が起こると、「あってはならないこと」「周知徹底」「注意喚起」「安全管理を徹底」「再発防止に努めたい」などの言葉が使われるだけでした。何か言いさえすれば、対策をしている、自分の責任は果たした、ということでしょうか?

 とはいえ、すべて無為無策かというと、そうではありません。交通事故に関しては、交通事故総合分析センターから報告されていますが、ほぼ毎年、発生件数、死者数、負傷者数は減少し、10年前に比べて半分以下になっています。労働災害の発生数も、ほぼ毎年減少しています。これらの分野は、交通安全基本計画や労働災害防止計画として5年ごとの目標値を掲げ、予防計画を立て、実態を把握して分析し、どうしたら目標値を達成できるかを検討し、そのための具体的な対策を立てているのです。子どもの事故に関しても、同じシステムで取り組まねば解決できないのです。(山中龍宏 緑園こどもクリニック院長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

事例の解析と次善策

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

ボタン電池ができる前から、子供の誤飲も消化管穿孔もありました。 一方で、ボタン電池の事故が発生してからも、ボタン電池はありました。 それは何故で...

ボタン電池ができる前から、子供の誤飲も消化管穿孔もありました。
一方で、ボタン電池の事故が発生してからも、ボタン電池はありました。
それは何故でしょうか?

そんな事を掘り下げることで、事故の発生率や重症化は減らせるのかもしれないですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事