文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

明るい性の診療室

コラム

現代的春画待望論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

今井伸(泌尿器科医)

 学校やTVが教えてくれない大切なことは大体エロ本から教わった。(安田理央『日本エロ本全史』の石野卓球の帯書きより)

 過激な内容から、望ましくない図書とPTAから指摘を受けてきた成人向け雑誌。とうとう2019年8月末をもって、全国の大手コンビニでの販売が中止されました。

 コンビニでの売上が全体の大部分を占めるとされた成人向け雑誌は、おそらく今後、衰退の道をたどると思われます。4月下旬のコラムにも書きましたが、石野卓球さんと同様、僕も成人向け雑誌から学んだことはたくさんあります。

性機能障害で不妊に

 セックスに関する系統的な性教育がほとんど行われていない日本において、セックスについての正確な知識を得る機会や方法は、個人の判断に委ねられています。保健体育の授業で、男女の生殖器、射精と生理、性感染症や避妊について学習できる可能性はありますが、内容は表層的で、実践的な内容はほとんど含まれません。この実践的な内容を知るため、僕は成人向け雑誌を読んでいました。

 19年に生まれた子どもの数(出生数)は86万4000人と推計され、初めて90万人を割り込む見通しとなりました。晩産化や結婚をしない人が多いという影響もあるでしょうが、不妊の問題も無視できないと思います。厚生労働省による15年の調査研究で、男性不妊の原因の13.5%は性機能障害となっています。

 つまり、勃起障害(ED)でセックスを完遂できない、またはセックスの時に射精できないため子供を作れない男性が一定数いるということです。女性の挿入障害も合わせると、相当数のカップルがセックスの問題で不妊となっていることがわかります。

新婚旅行で感じた「怖さ」

 特に、結婚しても全くセックスができない「未完成婚」のカップルは、医師としても治療に難渋することが多く、治療の過程で実践的な性教育の重要性をしばしば痛感します。

 典型的なカップルをご紹介します。Aさんは34歳、妻は24歳。結婚から1年半たち、子供を望んで来院されました。2人とも結婚前に男女交際の経験がなく、新婚旅行時に初めてセックスを試みたものの挿入ができませんでした。その後、何度挑戦してもうまくいきません。子供を期待する周囲に勧められて受診されましたが、周囲はこの夫婦がセックスをできていないことを知りません。

 診察をしていてわかったことですが、Aさん夫婦は、セックスはおろか、男女の生殖器や生理について驚くほど知識がありませんでした。Aさんは、新婚旅行初夜に初めて女性の性器を見て、「怖い」と感じたということでした。10歳年下の妻は、年上の夫がリードしてくれると思い、頼り切っています。このような調子では、セックスがうまくできるはずはありません。

欠かせない性の知識

 米国のセックスセラピーの第一人者だった故ヘレン・S・カプランは、セックスがうまく行えない原因の一つに、「効果的な性行動を行えないこと」を挙げています。

 適切な性的刺激を受けることと、この刺激に自由に反応することができて初めてセックスができます。セックスに関する知識がなければ、パートナーに十分な性的刺激を与えることができないだけでなく、性的刺激を受けても十分に感じることができない可能性があることを指摘しています。

 近年、江戸時代に人気を呼んだ性風俗の絵画、春画の評価が国内外で高まり、13年にロンドン、15年に東京、16年に京都で「春画展」は開催され、大盛況でした。春画は、性器の描写が誇張され、猥褻わいせつにあたるという意見もありますが、愛し合う男女が互いを抱擁し、とても幸せそうな笑みを浮かべて行為に及んでいる描写が芸術として評価されました。

 江戸時代には自慰のお供としても利用されていましたが、良家では性教育の教本として嫁入り道具にもなっていたといいます。未完成婚のカップルを診察するたび、現代にも春画が必要ではないかとつくづく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

akaruisei_eye

明るい性の診療室
大川玲子先生

大川玲子(おおかわ・れいこ)
千葉きぼーるクリニック婦人科医師
 1972年、千葉大学医学部卒業。同大助手、国立病院機構千葉医療センター(旧国立千葉病院)産婦人科医長などを経て、2013年から現職。日本性科学会理事長、NPO法人千葉性暴力被害支援センターちさと理事長。

今井伸(いまい・しん)
 聖隷浜松病院リプロダクションセンター長、総合性治療科部長
 1997年、島根医科大学(現・島根大学)卒業。島根大学助手、聖隷浜松病院泌尿器科主任医長などを経て、2019年4月から現職。日本性科学会幹事、日本性機能学会評議員、日本泌尿器科学会指導医、島根大学臨床教授。

明るい性の診療室の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

仲人の役割

やすお

春画世代ではありませんが、ネットも無く本も少なく、岩波文庫の「結婚」が参考書でした。しかし、上司の仲人さんが、親には聞けない性行為の指南をしてく...

春画世代ではありませんが、ネットも無く本も少なく、岩波文庫の「結婚」が参考書でした。しかし、上司の仲人さんが、親には聞けない性行為の指南をしてくれました。残念ながら、レクチャーは、役に立ちませんでした。春画を見ていたら、恐怖心が先立ったと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事