文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

iPSから血小板 京大チーム…輸血時拒絶反応なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 

遺伝子を自在に改変できるゲノム編集の技術を利用して、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から、輸血時に拒絶反応を起こさない血小板を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所の江藤 浩之こうじ 教授(血液学)らのチームが発表した。米科学誌ステム・セル・リポーツ(電子版)に論文が掲載された。

 血液に含まれる血小板には、血を固める働きがあり、出血しやすくなる難病「再生不良性貧血」の患者らに輸血される。しかし5%程度の患者では免疫細胞が血小板を攻撃する拒絶反応が起こり、輸血した血小板が働かない。拒絶反応を防ぐには、免疫の型が合う人を全国から探し、血小板を提供してもらう必要がある。

id=20191229-027-OYTEI50001,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

iPS細胞から作製した拒絶反応を起こさない血小板のイメージ

 チームはこの問題を解決するため、iPS細胞にゲノム編集の操作を加え、免疫の型を決める遺伝子の一部を取り除いた。このiPS細胞から血小板を作り、拒絶反応を起こすタイプの人の血液を持つマウスに輸血すると、血小板は免疫細胞の攻撃を受けなかった。

 チームは今回の研究とは別に、患者本人のiPS細胞から血小板を作って輸血する臨床研究を進めている。本人の細胞なら拒絶反応は起きないが、患者ごとにiPS細胞を作る必要がある。今回の手法なら、1種類のiPS細胞で多くの患者への輸血が可能になるという。

 中尾眞二・金沢大教授(血液内科学)の話「免疫の型が合う血液が見つかりにくい患者への有効な治療法につながる成果だ。低コストで血小板を作れるかどうかが課題になる」

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事