文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

コラム

オートバイ事故で全身まひになった患者 感覚ない身体を清拭され…ケアは相手にとって「よきこと」なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 オートバイを運転中に車と衝突し、心肺停止状態で救急救命センターに搬送されてきた60歳の男性。脊髄損傷。手術をするが、四肢が完全にまひした状態となった。意識レベルはクリア。頸髄を損傷しているため、呼吸筋を動かす神経が損われており、十分に呼吸ができない状態だった。そのため、気管切開を行い、人工呼吸器での呼吸サポートが必要となった。気管にチューブが挿入されているため、発声することはできず、コミュニケーション方法は口の動きのみになった。

 患者はナースコールを押すことができないので、舌でナースコールを押す器具をセッティングした。何とか患者とコミュニケーションをとろうと、看護師が文字盤を読み上げていき、うなずいてもらうか、「水飲みたい」「喉痛い」「喉が渇いた」「苦しい」など簡単な言葉を書いた紙を作ってみたりした。口パクで何とか会話するときもあった。

 人工呼吸器が必要なくなるまで回復すること、そして、リハビリテーションの病院へ転院すること、それが患者と家族の目標だった。「絶対、頑張る。社会の役に立ちたい」と、患者は看護師に思いを伝えていた。

 最初のうちは、車いすへ移動して2時間ほど座ることができた。しかし、その後、何回かチャレンジするうちに、血圧が下がるようになり、車いすへの移動もだんだんできなくなってきた。人工呼吸器を「自発モード」(自力での呼吸に加え、十分な換気量を保つために吸気のサポートを行う)にすると、呼吸が苦しくなって眠れないこともあった。患者の目標に沿って、人工呼吸器を外せるよう、医療チームがさまざまな方法をとるも、現状では人工呼吸器を取り外すことは難しいという判断になり、呼吸器装着を継続する方針となった。

 患者は、自分の伝えたいことがうまく伝わらないもどかしさや状況が好転しないなかで、だんだんイライラしたり、話をしなくなることも多くなった。このような患者とかかわるうちに、看護師は「私たちがしているケアって、彼にとって本当に幸せなのかな?」と思ったという。

「彼にとって本当に幸せなのかな?」

 救命医療と急性期領域で長年働いてきた看護師が語ってくれたケースです。温かいタオルで全身を 清拭(せいしき) (清潔に保つこと)するけれど、患者自身はおそらく、温かいとも、気持ちよいとも感じていない。そのような状況にある患者にとって、「このケアそのものが、自分のいまの現実を思い知らされることになっているのではないか」と思ったそうです。自分たちがしているケアが、患者にとっては、「感覚のない自分」を痛烈に感じさせる行為につながっているのではないか、ということです。もちろん、そんなつもりで看護師はケアをしているわけではないのですが、一体、どのように患者と向き合っていけばよいか、悩んだそうです。

 この看護師の言葉をきいて、本当にはっとさせられました。たとえば、看護とか、ケアとかは、よきことであるという思いが多くの人にあると思います。しかし、この看護師の問い、「私たちがしているケアって、彼にとって本当に幸せなのかな?」は、私たちにケアという行為について改めて考える機会を与えてくれていると思います。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大准教授(生命倫理分野)、同大公衆衛生大学院兼任准教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。2020年度、聖路加国際大学大学院生命倫理学・看護倫理学コース(修士・博士課程)を開講予定(認可申請中)。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)がある。

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

そうなんだろうか。

tete

なるほど、心地よいケアをすることは重要だ。 しかし、保清は感染症予防、創傷の改善、褥瘡予防・回復促進といった所でもとても重要。清拭をすれば循環動...

なるほど、心地よいケアをすることは重要だ。
しかし、保清は感染症予防、創傷の改善、褥瘡予防・回復促進といった所でもとても重要。清拭をすれば循環動態が崩れるとかなら慎重に行うし、痛いとかなら多少は配慮するが、基本的には患者には四の五の言わせながら、ゴシゴシ洗ってあげることが一番患者の利益になるのではないか。
そこの場面で快・不快なんて考えてられない。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事