文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

いためポークサラダ…カリカリの食感の豚肉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、豚肉で味わうおいしいサラダのレシピ「いためポークサラダ」のご紹介です。

 サラダのトッピングで人気の食材というと、ハムやベーコンがあります。どちらもお手軽に使える食材です。ただ気になるのは塩分。保存性を高めるために塩が使用されていますが、できれば、そこまで塩分が主張していないサラダを作りたい! そこでいためた豚肉のサラダレシピを考えました。

 豚肉は特に味付けをしていないのですが、片栗粉で衣付けをしているので、カリカリの食感とジューシーさが強調されています。ノンオイルのドレッシングを使用すると。サラダを一層おいしく食べられます。

 サラダに多く使用されているのはミズナです。豊富に含まれている葉緑素は、抗酸化作用があり、血液の健康に効果があるといわれています。美肌作りに役立つとされるポリフェノールも含まれていて、傷ついた肌細胞を修復する働きがあるといわれています。

 ミズナをおいしく食べるコツは、軽く塩もみをしてから洗うこと。ミズナの強いハリが弱まり、食べた時の食感がよくなります。ミズナは一つ買うとボリュームのある野菜です。たっぷりと食べられるレシピがあると重宝しますよね。このレシピでは、豚肉とゆで卵、トマトなど、ミズナと相性のよい食材が使用されています。栄養価も、ビタミンB1、レシチン、リコピンなど、優秀なものが集まっています。ぜひ作ってみてください。

[作り方]

(1) 豚肉に片栗粉で衣をつける。フライパンを強火で熱し、いため油を入れて両面をいためる。

(2) 肉に火が通ったら、まな板に戻し、短冊に切る。ミニトマトは2分の1に、ゆで卵は4分の1にカット、紫キャベツは千切りにする。ミズナとレタスはざく切りにする。

(3) 野菜と(2)の豚肉とゆで卵を盛り付けて、最後にお好みでドレッシングをかければ完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事