文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

母乳バンク 今春2か所目…早産児に最善の栄養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 産後、母親側の理由で母乳が与えられない赤ちゃんに、別の母親が寄付した母乳(ドナーミルク)を提供する「母乳バンク」。早産児や小さく生まれた赤ちゃんのために、国内では2014年、昭和大江東豊洲病院(東京都江東区)内に初めて設置された。今年春には2か所目が都内に開設される。(野村昌玄)

母乳バンク 来春2か所目

  壊死性腸炎

 母乳は、赤ちゃんの成長に必要な栄養素が全て含まれているとされる。とりわけ、妊娠37週未満の早産児や、体重1500グラム未満の赤ちゃん(極低出生体重児)には大切だ。肺や腸など臓器の発達が未熟なため、感染症になりやすく、人工乳では、 壊死えし 性腸炎などのリスクが高まる。

 ただ、十分な母乳が出ない場合や、母親が抗がん剤治療中で母乳への影響が心配されるケースがある。日本小児科学会などでつくる委員会は昨年7月、早産児や極低出生体重児には母乳が最善の栄養であるとの見解を示した。自分の母乳を与えられない時には、母乳バンクのドナーミルクの使用を提言した。

 母乳バンクは1900年代初め、ヨーロッパで誕生し、現在、50か国以上で600か所を超えるとされる。国内では昭和大小児科教授の水野克己さんらが、2014年に同大江東豊洲病院内に開設したのが始まり。17年には一般社団法人・日本母乳バンク協会も設立し、他施設への無償提供を始めた。ドナーミルクは、これまでに7都県の計11病院に届いた。

  細菌検査を徹底

 ドナーミルクには高い安全性が求められる。日本のバンクも、海外の母乳バンクの運用指針を参考に基準を定めている。ドナー登録者には血液検査を行い、ウイルスや細菌に感染していないかどうかを確認。提供された母乳の細菌検査も実施する。その後、62・5度で30分間、低温殺菌処理して冷凍保管、希望する医療機関に提供する。

 都立小児総合医療センター(府中市)は18年12月から、極低出生体重児で、母親の母乳の出が悪い時にドナーミルクを活用している。昨年10月までに32人にドナーミルクが使われた。

 都内に住む女性(34)は昨年9月下旬、同センターで次女を出産した。予定よりも3か月早く、体重は596グラム。母乳が思うように出ず、医師からドナーミルクの説明を受け、使うことにした。10月初めには、自分の母乳が出るようになったため、ドナーミルクの使用を終えた。12月に入り、体重は1400グラムを超え、新生児集中治療室(NICU)から、新生児回復室に移った。

 「見ず知らずの人の母乳を使うことに不安もありましたが、今は本当に感謝しています」と振り返る。

 ドナー希望者は200人を超えたが、昭和大江東豊洲病院内の母乳の保管スペースが足りず、受け入れが難しい状況が続いていた。育児用品メーカー「ピジョン」(東京)が昨年11月、同協会への支援を表明し、同本社内のスペースを母乳バンクのために提供することが決まった。年間200人以上の赤ちゃんに対応できる設備やスタッフを整える計画だ。

 同協会代表理事も務める水野さんは「必要とする赤ちゃんや母親のために、母乳バンクの拠点をさらに広げたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事