文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

歯茎の腫れ、出血ないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

歯周病 歯を失うリスク

歯茎の腫れ、出血ないですか?
歯茎の腫れ、出血ないですか?

   55歳の夫が「歯磨きをすると、歯茎から少し血が出る」と言うの。ビタミン不足かしら?

  ヨミドック  出血以外にも、歯茎が赤く腫れていたり、朝起きた時、口の中がネバネバしたりしていませんか? 歯周病かもしれません。

   毎朝、3分は歯を磨くし、 うみ も出ないのに?

   初期の段階は症状に気づきにくく、「放っておけば治る」と軽視する人も多いんです。でも、日本人が歯を失う最も大きな原因が歯周病です。40歳以上の約8割がかかっていると言われています。

   やだ怖い! 詳しく教えて。

   まず歯と歯茎の隙間(ポケット)に、ネバネバした 歯垢しこう がたまります。

 歯垢の正体は、歯の表面に張りついた細菌の集合体。周りに糖の薄い膜をつくって増えていきます。この中の特定の細菌が、毒素を出して歯茎の炎症を引き起こします。

   歯垢と歯石の違いは?

   ポケットの浅い部分までの歯垢は丁寧な歯磨きをしていれば落とせますが、磨き残しがあると、2日ほどで石のように硬い歯石に変化します。歯石は歯磨きでは取り除けません。

 歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、炎症が広がって、やがては歯を支えている歯槽骨を溶かしていきます。

歯茎の腫れ、出血ないですか?

   そこまで行ったら手遅れよね。

   歯科医院を受診しましょう。炎症が歯茎にとどまっている初期のうちに、しっかり治療すれば治ります。

   予防策は?

   基本は、歯垢がつかないようにすることです。毎日の丁寧な歯磨きが大切です。歯と歯の間は磨きにくいので、デンタルフロス(専用の細い糸)や歯間ブラシを使って、汚れを落としましょう。歯科医院で定期的に歯石を除去しておくことも有効ですね。

   ほかには?

   糖尿病などで体の防御機能が低下していると、リスクが高まります。たばこのニコチンは、歯周病を引き起こす細菌の発育を促し、病気を悪化させます。まずは、歯周病の怖さを知ってください。

 (鈴木敦秋/取材協力・米田雅裕・福岡歯科大学教授、梶山晋介・デンタルオフィス新宿院長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事