文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[タレント 大桃美代子さん]白内障・緑内障(3)ヨガで気持ち前向きに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[タレント 大桃美代子さん]白内障・緑内障(3)ヨガで気持ち前向きに

 2014年6月に右目に白内障の手術を受けた。レンズは焦点距離を希望で選ぶが、「裸眼で本が読めるように」と考えて、焦点が近くに合うものにした。テレビ出演の時はもう少し先が見えるようにコンタクトレンズを使っている。

 白内障の不都合は手術で解消したが、気になるのは緑内障。眼球内の水分が増えて眼圧が上がり、視神経を圧迫する場合と、眼圧は正常でも視神経に異常が出る場合がある。自分は後者の正常眼圧緑内障だった。

 白内障の手術を受けたころ、セカンドオピニオンで別の医師に緑内障を診てもらうと、「落ち着いている」と言われ、ほっと安心。医師の同意を得て点眼薬をやめた。この薬は、目の周りなどに色素沈着の副作用が出ることがあるというので気になっていた。

 手術の後、「少しは運動を」とヨガを始めた。それまで運動が続いたことはなかったが、ヨガは身についた。「体が軽くなって楽になりますね。目のことで落ち込んでいたけど、気持ちが前向きになりました」

 自称「健康オタク」。自分で作った無農薬米を玄米で食べ、野菜は1日350グラムの摂取を心がける。青汁は何年も続け、肌のためにいいという健康食品も欠かさない。失明の原因になる加齢黄斑変性症の予防にもなると、医師に勧められ、サプリメントのルテインも習慣になった。

タレント 大桃美代子さん(54)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事