文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

旅行先で失神し便失禁

 旅行先のホテルで失神し、便失禁しました。過去にもトイレや廊下で失神したことがあります。MRI(磁気共鳴画像)検査で異常はありません。体調は悪くないものの、血圧は低めです。原因や対処法を教えてください。(78歳女性)

自律神経の乱れ 疲労に注意

 古川 俊行 聖マリアンナ医科大学東横病院失神センター長 (川崎市)

 脳に流れる血液が減少して意識がなくなることを失神といいます。原因は、自律神経に由来するものと、心臓や血管の異常に伴うものに大きく分けられます。

 質問者の失神は、自律神経に由来する「反射性(神経調節性)失神」ではないかと考えられます。反射性失神は、朝礼や満員電車で起こる失神が思い当たるかもしれません。何かのきっかけ(トリガー)で自律神経のバランスが乱れ、失神します。朝礼や満員電車の失神は、長い間立っていることがトリガーとなります。

 質問者の場合はトイレで失神しており、排せつがきっかけになっています。他にも痛みや緊張、精神的なショックなどが引き金になることがあります。

 この失神は、疲労や脱水などがあると起きやすいので注意が必要です。不快感や冷や汗など、前触れとなる症状が表れた時には、早めに座ったり横になったりするなど、安静を心がけてください。

 普段から血圧が低くても、めまいやふらつきといった低血圧に典型的な症状がなければ、この失神との関係はありません。反射性失神は命に関わらないものですが、繰り返し起きたり心臓に持病があったりする場合、危険な不整脈が隠れている恐れもあります。循環器内科の受診をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。
一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたします。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。