文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

台風被害の現場で(3)障害者に温かい食事提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
台風被害の現場で(3)障害者に温かい食事提供

提供された温かい食事を食べる入所者ら(埼玉県川越市で)

 10月13日未明、台風19号の大雨で、自閉症の人たちが暮らす埼玉県川越市の障害者支援施設「 初雁はつかり の家」と関連施設は、浸水被害を受けた。近くを流れる越辺川の堤防が決壊したのだ。

 水は、建物の中にどんどん入ってきた。残っていた入所者と職員は、2階に避難した。夜が明けてから、救命ボートで駆けつけた消防隊員に救助された。

 「湖の中に取り残されているようだった」。施設を運営する社会福祉法人「けやきの さと 」総務課長の内山智裕さんは振り返る。

 入所者たちは今、市内などで避難生活を続けている。内山さんは「少しでも、普段の生活に近づくようにしてあげたい」と話す。

 その一つは食事だ。認定NPO法人「セカンドハーベスト・ジャパン」(東京)が11月から週1回、食事を作って提供している。

 カレーライス、パスタ、野菜のオーブン焼き……。テーブルには毎回、できたての料理が並ぶ。水害が起きてからは、温かい食べ物を口にすることができなかったという。内山さんは「家庭的な食事を提供してもらえて、ありがたい」と感謝する。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事